【絶対的王道メソッド補講】

仕組みを作れとさんざん言っておりますが

じゃあ仕組みを作らないとどうなるか?

それをお見せします・・・

補講その1:「仕組み化しない」その先に待つ地獄とは?

補講その2:仕組みをマスターすれば、すべて失っても大丈夫

 

仕組み化はやった方がいい?

違う。そうじゃない。

 

論からいいます。

 

ネットビジネスに取り組むにあたって、

仕組み化はやった方がいい(Better)のではなく、

やらなければならない(Must)のです。

 

すでに別の講義でお伝えしたように、仕組み化をしないモデルを選んだ瞬間、

あなた自身を終わりのない作業(労働)の世界に落とすことになり、

普通に働くのと全く変わらない状態になってしまいます。

 

「自由になりたい」

「余裕のある生活をしたい」

 

そう考えて始めたはずのネットビジネスが、

「毎日毎日作業続きで一向に自由になれない」

「作業を止めれば収入が止まるから時間もお金もまったく余裕がない」

「これなら普通に働いた方が稼げるんじゃないか?」

 

という地獄に変わります。

 

あなたはネットビジネスに人生をささげるために

ネットビジネスを始めたのですか?違いますよね?

 

ネットビジネスはあなたの理想の人生を手にするための手段であって

決して目的ではないはずです。

 

仕組みを学ぶということは、

何度でも蘇る方法を学ぶということ

 

組み化はやらなければならない、ということもそうですが、

仕組み化するということは何度でも復活する力を手にすることでもあります。

 

メールマーケティングによる仕組み化では、

 

・見込み客を集める

・見込み客と価値観の擦り合わせをする

・見込み客に商品を提案する

 

というビジネス(商売)の絶対原則をかなりの高精度でマスターできます。

 

なぜならインターネットという人類史上、類を見ないツールを使うことで

※自動でお客さんを集めて、自動で商品を売れていく状態を作れるからです。

 

※メールマーケティングを実践した場合に限る

 

これはつまり、今その仕組みをすべて壊して

ゼロにしてもまた作り直せるということです。

 

今ある顧客リスト、セールスレター、有料無料のコンテンツが

全部PCから消え去ってもまた復活できるということです。

 

なぜなら、ゼロからお客さんを集めて教育してセールスを成功させるまでの流れが

全部頭に入っているので、またそれを繰り返せばいいだけだからです。

 

実際月収1000万円稼ぐようなアフィリエイターも、

思い付きで仕組みをリセットして気持ち新たに仕組みを作り、

その2,3か月後にはまた月収100万円以上稼ぐようになっていました。

 

これがブログやらYou Tubeとかなら、まず再起不能になります。

 

今後仕組み化を取り入れないと、死ぬ

 

れは煽っているわけでも恐怖心を駆り立てているわけではありません。

 

本当に仕組みを作ることをしないと、

ネットビジネスをやる意味は全くないと思ってください。

 

検索エンジンだより、フォロワー便りの不安定極まりないビジネスに

時間とお金を割くのはもう辞めにしましょう。

 

自動で収益を生み出す仕組みを築いて、

あなたを本当の意味で作業や労働から解放してください。

 

アンケートのお知らせ

 

あなたのネットビジネス実践状況

(初心者の場合はこれからやりたいことなど)をお聞かせください。

 

アンケート回答者限定のプレゼントもご用意しています。

 

2日以内(どんなに遅くても1週間以内)には

私から改めてご回答への返信をさせていただきますので、

よろしくお願いします。

 

アンケートに答えて追加プレゼントを今すぐゲットする!

 

また、私からの返信を確実にお受け取りいただくためにも・・・

 

迷惑メールに紛れていないか

チェックしてください!!

email

 

登録いただきましたメールアドレス宛に

ご案内メールをお送りしましたのでご確認ください。

【暫くしてもメールが来ない場合は・・・】

 

①迷惑メールフォルダに入っている

 

この場合は、

早急に迷惑メールから通常フォルダへ移してください。

 

また、

こちらよりメールの振り分け設定もおススメしています。

 

②そもそもメールが来ていない

 

この場合は登録の際に間違ったアドレスで登録された可能性があります。

その場合はお手数ですが、こちらから

再度正しいアドレスで登録してください。

 

それでは、引き続きよろしくお願いします!!

特電法の表記  プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright (C) 2018 Kenta HIrano All Rights Reserved.