【緊急案内:完全新規企画】

※このページは1度のみの表示ですので

ご参加はこの機会にお願いいたします

独占し続けた「神域」へのご招待

唯一無二の“換金言語”を

-最高レベルでめる-

 

初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。

 

言は神であった。

 

この言は初め神と共にあった。

 

すべてのものはこれによってできた。

 

できたもののうち、1つとしてこれによらないものはなかった。

 

「新約聖書」-ヨハネによる福音書(ヨハネ伝)第1章第1節

 

私が個人的に使用している武器

をお渡しします

 

ただし、ご案内はこの1回のみです

 

めまして、この度は実践コースにご参加いただきありがとうございます。冒頭でお伝えした通り、1回限りのご案内です。私が個人的に使用している「とある武器」をあなたに共有します。それは「コピーライティング」です。

 

コピーライティングという単語自体は、あなたもどこかで聞いたことがあるかもしれません。人によっては何らかの教材で勉強したこともあるでしょう。なのでコピーライティング自体は決して目新しいものではないのですが、今回あなたにお伝えする内容は、日本に存在するどのコピーライティングのコンテンツよりも最深度(最も深いレベル)でコピーライティングを語るものです。

 

 

ところで、私はコピーライティングというものをこれまで格別に取り上げることはありませんでした。これは後述もしていますが、コピーライティングだけがビジネスの要素ではないからです。ただ何年もビジネスの世界に身を置いていると、やはりコピーライティングというものは(この業界を何周も経た上で改めて)強力だと感じている次第です。

 

 

なので、今回実践コースに参加されたあなただけに、特に情報への感度が最高レベルになっている「今のあなた」に私が磨いてきたコピーライティング技術をお渡しします。

偽物が一生たどり着けない

 

くも悪くも、最近私の発信をマネする人が増えてきました。私のコンサル生ならまだわかりますが(私もマネを※奨励しているので)、全く関わりのない人が私の集客ページ(LP)、さらにはセールスレターの内容をほぼコピペしているのを見ると残念な気分になるものです。

 

※それでも、コピペして良いとまでは言っていません

 

リライトならまだしも、オリジナルの文言を一言二言変えたレベルのほぼコピペならすぐにわかります。実際、偽物たちはそうしたコピペのLPやセールスレターで稼げているようなので余計複雑な気分ですね(笑)私のコピーライティングがそこそこに結果の出るものであると、遠回りながら判明したことにもなるので。

 

ただ、名前も知らない偽物たちはあくまで、表面化した部分をさらってその劣化版をコソコソと作っているに過ぎません。そこだけをマネして「かりそめの成果」を手にできても長続きすることはないでしょう。

 

なぜなら表面化している私の言葉というものは、単に特定のノウハウを元に生み出されているものではなく、これまでの経験やデータに基づく予測など、相応の思考を経た結果出てきたものであり一朝一夕に作られているわけではないからです。

 

時には、どこにも出していない資料(この企画参加者に公開)から至極の一言を見出すこともしばしばです

 

つまり、偽物たちには一生かかっても辿り着けない「神域」があるので、どれだけコピペされても私のダメージはゼロなのです。今回はあなたを、その神域へ招待します。

 

私が「コピーライティング」というものを語るのは、これが最後です

 

解の無いように念のためお伝えしますが、コピーライティングに関するお話は、もちろん実践コースの中でも事細かくお伝えします。実践コース内のコピーライティングコンテンツを見るだけでも、巷の教材を買うだけでは一生辿り着かない知恵とスキルを獲得できます。

 

では、なぜこの裏メニューでは「コピーライティング」がテーマなのか、気になりますよね。思いつく理由はいくつかあるのですが、1つ言えるのは

 

「この世界に存在するあらゆるビジネススキルの中で、生涯を

 かけて極める価値のあるものがコピーライティングであり、 

 コピーライティングに関しては特化した環境を作ることが重要だから」

 

というものになります。

 

集客はお金を投じればいくらでも人を集めることができますが、その先の教育やセールス、クロージングといった領域はやはりコピーライティングが物を言う世界です。

 

同じような商品でも使う言葉1つで売れる売れないが決定します。

 

だからこそ、本物のコピーライティングのスキル(=売るスキル)を持つプロのコピーライターには、何千、何億という報酬が入るのです。

 

そして、コピーライティング自体は「お金をかけて他者に委ねる(外注する)」ばかりでは自分自身の力になりません。自分の言葉の力くらいは、きちんと自分の実力として持っておいて損は無いのです。

 

 

さて、今さら言うまでもないのかもしれませんが、コピーライティングは端的に言えば、「売るための言葉の技術」です。この認識は、おそらく同様のものをあなたもお持ちだと思います。ただし、「どこまで深くコピーライティングを捉えているか?」という議題に移すなら、理解度は千差万別にも等しい状況になるでしょう。

 

このため、コピーライティングの理解度を最高レベルに到達させるために、コピーライティングだけを主題としたスクールを年単位で開催してもいいくらいです。

 

 

ところで、私はこれまでコピーライティングについて、「自分の主張をわかりやすく伝えるためのスパイスに過ぎない」といったコピーライティング軽視ともとれる発言をしてきました。

 

今でも、これは私の本心です。コピーライティングの知識を付けるだけでは不完全です。仕組みの全体像や顧客対応の仕方など、学び実践することは他にもあります。なのでスタートアップ(初心者)のステージの方には、あえて上記のような発言をしています。最初からコピーライティング一本に絞って始めた人で、短期間で成功できた人はほぼ皆無でしたので。

 

 

とはいえ、「コピーライティングだけを極めてもダメだ」といった発言は結局のところ「初心者に向けた注意事項」のお話に過ぎません。

 

きちんとビジネスというものを理解した上でコピーライティングという武器を取るなら、やはりこれ以上の凶器はこの世に存在し得ないでしょう。

 

営業職から大統領まで

「稼ぐ言葉の技術

を持つ人間が勝つ時代

 

界的ベストセラー作家の「ダニエル・ピンク」氏の調査によれば、「他人を説得し、影響を与え、納得させる」というものを「広義(広い意味で)のセールス」と見立てると、職種を問わず「広義のセールス」に使う時間が仕事時間の40%を占めているといいます。

 

つまり私たちはどんな仕事を選ぼうが、そのうち半分近くを「他人を説得して納得させること」に費やさなければならないのです。しかも氏の調査では、年齢が高くなるほどその重要性は増していると言います。

 

たとえ「自分の仕事はセールスには関係ない」と思っているような人でも、言葉の力を使いマスターすることは、仕事で成功を収めるために、もはや誰にとっても不可欠な要素になっているということです。

 

 

コピーライティングを駆使して戦う政治家たち

 

こんなエピソードがあります。

 

2008年の大統領選で、オバマ陣営はウェブサイトの申込みボタンの言葉を「Sign Up(登録する)」から「Learn More(もっと情報を知る)」に変えたことで、18%多くの購読者を獲得しました。

 

 

 

また、2016年の米国大統領選で、トランプ陣営は得票数の高い言葉を見極めるため、実に56,000パターンもの広告テストを行っていました。

 

 

 

政治家といえば自身の言葉を熱く語り支持を集めるものという印象が強いですが、実際に大統領になった彼らの例を見れば明らかなように、その裏では虎視眈々とそして強(したた)かにコピーライティングを駆使してフォロワーを集め、投票に結び付けていたのです。

 

言語」としての

コピーライティング

 

たちは自分が生まれ育った国の言葉(母国語)を当たり前のように話します。例えば日本人同士であれば、

 

「おはよう!」

「昨日何かおもしろいことあった?」

「スタバの新作美味しい!」

「この前話してた映画観たよ!あれマジでヤバくない!?」

 

といった文章を見て、特に意味の理解に苦しむことはないでしょう。それは私たちが日本語を理解しているからです。

 

では、コピーライティングはどうなのでしょうか?

 

そもそも「コピーライティング」という単語自体、少なくともビジネスの世界に身を置くような人でなければまず出会わない言葉です。時折テレビ番組のコメンテーター紹介などで、広告代理店勤務の「コピーライター」といった字面を見るくらいでしょう。

 

なので、日本語や英語と同じように、コピーライティングを独立した「言語」として解釈している人は少数派だといえます。

 

 

例えばあなたは、「方程式」という言葉を見て、中高生時代に教わった「数学の公式」を漠然と思い出すかもしれません。

 

ですがコピーライティングという言語の世界では、

 

「こうすれば必ずこうなる」という決まったパターンを想起させ、上手くいく方法が1つに集約させるイメージを与える

類語:「定石」「王道」「鉄則」「流儀」)

 

 

という機能を持たせています。これが「方程式」という言葉の、コピーライティングにおける意味です。

 

 

せっかくなので別の例も考えてみましょう。

 

 

あなたは、「無料」という言葉を見て、「お金がかからない」という意味しか思い浮かばないかもしれません。

 

ですがコピーライティングという言語の世界では、

 

・本体の一部を無料にするケース

例:「オンライン英会話講座のレッスン1を無料公開」

 

・おまけを無料でプレゼントするケース

例:「対象PCをご購入の方にセキュリティソフトを無料プレゼント」

 

・サンプルを無料提供するケース

例:「初めての方にはミニボトル無料サンプルをプレゼント」

 

(類語:「フリー」「お代はいただきません」「タダ」「サービス」)

 

といったケースをそれぞれ想定して使い分けています。

 

 

このように、コピーライティングという言語の世界では、たとえそれが私たちが知っている言葉であっても私たちが想像する以上に細かくニュアンスと用途が想定されて作られているということです。

 

上記の参考例は1単語ごとの例でしたが、この他にも

 

  • 「比較して興味を引く」時に使う言葉
  • 「具体的な行動を促す」時に使う言葉
  • 「切迫感を示す」時に使う言葉
  • 「レベル別にする」時に使う言葉
  • 「効率性にフォーカスする」時に使う言葉
  • 「独自性や優位性を強調する」時に使う言葉
  • 「読み手を特定し呼びかける」時に使う言葉

 

 

など、それぞれの場面で適用される言葉が設定されています。それらは一見、先述の「方程式」や「無料」という言葉のように、私たちが既に知っている言葉であったとしても、その真の意味はまるで異なることも珍しくありません。

 

 

もし、言語としてのコピーライティングを体系的に習得したならば、相手にはあなたが世間話でもしているように見えても、その裏ではあなたが巧妙なコピーライティング技術で誘導していることに気づかないまま、あなたが意図した方向へ聞き手、読み手を導くことができるでしょう。

 

そして、これらの技術を結集したものが、今回の「裏企画」です。

 

人をかす言葉、意味、事例を網羅それが「神ライティング」

 

の企画1つで「言語としてのコピーライティング」を習得できます。正直な話、英語学習よりもよほど収入に直結するでしょう。私たちは日本語の読み書きは既にできる分、「コピーライティング版の日本語」を学ぶにしても即座に意味を理解して活用し始めることができます。

 

コピーライティングといえば、「PASONA(パソナ)の法則」や「AIDA(アイーダ)の法則」などのフォーマットのお話が注目されます。もちろんこれらの「形式や全体の流れを決める」技術は覚えておいて損はありません。これらの文章の構成を決める技術は、生物にとっての骨格と同じです。

 

 

ただし、骨格だけでは生物は死んでしまいます。というより骨しかないなら機能しません。血肉があって初めて生物として生きることを許されるのです。

 

 

コピーライティングの世界で言えば、その血肉とは実際の「言葉」です。これらは通常、実践者のあなたがこれから学習を進める上で「自分の言葉」を見つけていただくことになるのですが、この裏メニューでは既に効果の出ている言葉を全てあなたにお渡しします

 

この裏メニューであなたにお伝えする「言葉」はゆうに1000を超えますが、その分様々な状況に対応した「相手を行動させるための言葉」(主に購入だと思います)を繰り出すことができるようになります。

 

 

加えて、裏メニュー参加者だけのコピーライティングを極めるための講義を順次開催していきます。

 

内容の一部を公開すると・・・

 

  • ○○個の秘密兵器
  • ヒット商品の秘密
  • セールスレターの真のミッション
  • 説得の方程式
  • 市場を支配する方法
  • 負けない領域作り
  • 負けない交渉術
  • 人を動かすストーリー
  • ブレットの秘密
  • 相手の思考から「NO」が消えるオファー

 

 

といった内容(もちろんこれら以外にも)を裏メニュー参加者のみに公開していきます。

 

そのほか、裏メニュー参加者限定のコンテンツを続々と配信予定です。

 

真のコピーライティング技術は

あなたの本当の価値を引き出す

 

域ライティング」でお伝えする技術は、きれいな文章を書く技術というよりも、スピード感ある物語のシナリオを書く技術に近いかもしれません。これはコピーライティングに限った話ではありませんが、人を行動させる言葉に要求されるのは「何をどういうか?」という文章力よりも「どの順番で言うか?」という構成力です。

 

参考までにお伝えすると、始めの3つのステップが見せ所になります。

 

ステップ1:問題の明確化

└読み手が緊急に解決しなければならない「問題(痛み)」を明確にする

 

ステップ2:親近感の醸成(じょうせい)

└こちらの提案に真剣に耳を傾けてくれるよう、読み手との距離を縮める

 

ステップ3:解決策の紹介

└読み手が抱える問題の解決策を紹介する

 

 

ある程度ビジネスを学んだ人なら、「なるほど、ステップ3でいよいよ自分の商品や商品の強みを紹介するのだな」と思うかもしれませんが、焦らないでください。あと少しだけ待ってください。

 

ステップ3の「解決策の紹介」の段階では、商品「そのもの」の紹介ではなく、その背景にある解決へのアプローチ法・・・すなわち、画期的な技術や仕組みなどを紹介しま。つまりどのようになるかと言いますと、

 

ステップ1:問題の明確化

└「○○でお困りではないですか?」

 

ステップ2:親近感の醸成(じょうせい)

└「○○や○○で大きな限界や無力感を感じているかもしれません」
└「私も同じ立場だったのでよくわかります」

 

ステップ3:解決策の紹介

└「そんなあなたに、○○という新しい方法を紹介します」

 └つまりここではまだ、商品の紹介をしない

 

 

この文章のパターンは、ヒット曲やヒット映画に共通する構成のようなものです。ヒットする曲や映画はもちろんバリエーションがありますが、よくよく分析するとそれぞれの展開の仕方には黄金パターンがあるのです。例えば次の事例も、一見すると上記の例とは異なる内容ですが同じパターンを使用しています。

 

ステップ1:問題の明確化

└「今まで○○や○○など、あらゆる方法を試したのに

  結果が出なかったのには理由があります」

 

ステップ2:親近感の醸成(じょうせい)

└「私たちはそうした方々と共に過去○○年間、
延べ○○人を超える調査とテストを行ってきました」

 

ステップ3:解決策の紹介

└「そして画期的な方法が判明し、この度この新しい○○を商品化します。
これにあたり、誰でも参加できる無料モニターを募集します」

 

 

上記の「黄金パターン」はあくまでも一例ですが、こうした技術を体得すると、普段の生活の中でありとあらゆる広告にさらされているような読み手の関心も一瞬で掴めるようになります。

 

NBL裏メニューである「神域ライティング」では、こうした技術を最も深いレベルまで落とし込んであなたにお届けします。

 

「単語」中心にお届けするので

消化良を起こすことはありません

 

域ライティング」のコンテンツは相当程度になることが予想されますが、基本的には「単語」を中心として学んでいくので、すぐに使えるコピーライティング技術を手にしていただくことが可能になっています。

 

世間的なコピーライティング系の教材はどうしても理論中心で事例が少ない傾向がありますが、「神域ライティング」では私が使用している武器そのものをお渡しするので、あなたも同様に今日から使用していただけるのです。

 

「単語中心」とはどういうことかといいますと、おおよそ下記のようなイメージです。

単語例:「定石」

 

コピーライティング上の意味合い:

定石の「石」は碁石のこと。「決まった手の打ち方」の意味から派生して「決まったやる方がある」という文脈で使われる。ポイントがわかることを感じさせるが、響は固いので「簡単さを強調する」ものとは異なる。

 

類語:「しきたり」「お決まり」「方程式」

 

例文

└「ヒットを生む広告の定石」

└「デジタルマーケティング5つの定石」

└「英会話を3カ月でマスターする定石」

 

このように

 

・テーマとなる単語

・コピーライティング上の意味合い

・類語

・例文

 

といった流れで単語を取り上げつつ、それが持つコピーライティング上の用途(これが重要です)と使用例をお伝えしますので、ご自身で意味を理解しながらすぐに活用できるのです。

 

この「単語レベルでお伝えしていく」というのは私自身初つの試みとなりますが、あなたにとって非常に強力な武器になるのは間違いありません。

 

ブログタイトル、メルマガ件名

SNS投稿、全てに組み込み可能

 

なたにお伝えするコピーライティング技術は汎用性が高いです。そもそもコピーライティングはビジネスのあらゆる場面(企業同士のプレゼン、食品の店頭販売、家電量販店)で使われています。それがネット空間に場所を移せば、

  • ブログ記事タイトル
  • メルマガ件名
  • SNS投稿
  • YouTube動画タイトル
  • 転売(商品説明など)
  • ココナラなどの販売ページ

 

上記の各場面でコピーライティングを活用することができます。動画全盛の時代になっても、視聴数の決め手となるのは動画タイトルです。ニュースサイトも画像ではなく見出しが閲覧数を決めています。これらがもし、何の説明(タイトル)も無い画像だけだったらコンテンツを選びようがないですよね

 

だからこそ、あなたが「神域ライティング」で手にする言葉の知識と活用方法は、あなたがこれから行っていくネットビジネスのあらゆる場面で活用できるということなのです。

 

ところで、この裏メニューですが、

 

このページが表示されない方は

手にすることができません

 

ぜなら、「神域ライティング」は本当に今月に入って公開を決定した裏企画だからです。人との出会いも、こうした企画との出会いも、全ては縁であり、タイミングです。こればかりは誰にもどうすることもできません。その分、機会を得た人は、機会を得られなかった人の分も盛大に利用することが大切です。

 

あなたは少なくとも、この手紙を見ることができている時点で縁とタイミングを掴んでいます。これはお世辞抜きに、あなたの運の良さによるものです。

 

 

あとは掴むか、掴まないかのお話ですね。

 

 

コピーライティングは本当に極めると芸術性すら感じるものになります。そして、これほど恐ろしい技術も無いように思います。なので、あえて知らずに生きるというのも1つの正解なのかもしれません。

 

ただ1歩の差が修正不可能な差を生むのが宇宙の心理でもあります。これは水をどれだけ99℃で保っても沸騰することがないことに似ています。

 

 

最後になりますが、この裏メニュー「神域ライティング」はこのページが表示されている1回切りのご案内です。

 

私が現在進行形で月商100万円以上生み出している「普段使い」の武器をそのまま渡すことになるので、相応の参加費とさせていただきます。

 

無論、実践コースで紹介している各種ノウハウも私が使用しているものですが、特にコピーライティングに関するものは毎日何かしらのコンテンツを発信しているので、私が扱うスキルセット(ノウハウ)の中で最も使用頻度が高いものになります。

 

 

あなたにも私と同じものを手にしていただきます。

 

その分、「神域ライティング」を手にしていない人とそれを手にするあなたとでは、今後一生涯、絶対に埋めることのできない差(1回限りのご案内のため)を生むことになります。

 

つまり、あなたは「神域ライティング」を手にすることで、実践コースのみに参加している人、そもそもNBLすら知らない人々と

 

「知識差」の究極的な大化

 

実現できるということです。ビジネスの成立条件が「知識差」という話は基礎コースの段階から度々お伝えしてきました。これはどんな場面でも、やはりその有効性は変わりません。結局は、持っている情報の差が、そのまま競争相手との有利不利を決めることになります。

 

 

例えば、戦争の初期段階がまずは「情報戦」から始まることからも、初手の情報戦でどれだけ差をつけられるかが重要ということです。ビジネスもある意味「戦争」です。どれほどオリジナリティのある情報発信やキャラクターブランディングを極めても、よくよく中身を見れば他社(者)のコンテンツと重なる部分が出てくるものです。

 

もし情報発信者全員が同じ情報しか持たなくなったら、1人でもそれをネットで無料公開した瞬間にその情報の価値はゼロになります。こうなってしまえば、あとは本当に個人個人のキャラクターで売るしかありません。ただこれは相当大変です。キャラクター性は数値化できないからです。

 

「私はこんなにもおもしろい人間です」というよりも「あなたに500本の講義動画をお渡しします」と言われた方が買う気が起きます。人間は自分がどれだけ得をするかということにしか本当は興味がないからです。それを前提とした上で、特定の人をフォローするという状況が生まれます。

 

 

だからこそ、究極的に「知識差」の勝負が多くなると理解している(危機感のある)起業家ほど、時間と足とお金を使って人と会ったりセミナーに参加したりして常に学ぶことを怠らないのです。

 

今回のお話で言えば、実践コースよりも、フルオーダーメイドコンサルよりも、秘匿性の高い情報をあなたが掴んでおくのは優位性を確保する上で非合理な話ではないということです。ただし、

 

 

私の生涯で1~2人に渡った時点で

この企画は永久に鎖します

 

の「神域ライティング」は実践コース参加直後のあなたに向けて公開していますが、今後も永続的にこの体制をとるわけではありません。誰かが参加した時点でオファー自体を閉鎖する方向で考えています。そしてその人数は1人か2人、多くても3人程度だと思います。

 

普段の私はあまり情報を秘密にせず、仕入れた情報はそのまま共有していますがこの企画に関しては極端なほどに参加人数を絞ります。なので実践コース自体の参加タイミングによっては「神域ライティング」の存在を知らぬまま過ごす人も出てくるということです。

 

事実、先述のように「1カ月前の実践コース参加者」はこの企画を知らないのです。そしてあなたの行動次第で、来月の実践コース参加者ともすると明日の実践コース参加者ですら、「神域ライティング」のことは知らずに過ごすことになります。

 

 

だからこそ、少なくともこのページが今表示されているあなたは「運が良い」と、冒頭でお伝えしたのです。あとはこの機会を活かすか否かの判断ですね。

 

ご参加は下記のお申込みボタンを押してご希望の方法(クレジット or 銀行振込)にてご参加ください。「神域ライティング」は定価を200万円としますが、このページからお申込みの場合に限り特別定価(一括決済割引、各種分割決済あり)でお届けします。

 

あなたの今後の収入に比べたら

これでもいくらいです

 

直なところを言いますと、「神域ライティング」の情報は例えるなら、「電子ロックの金庫に厳重に保管して自分だけでこっそりと見ていたい」、そうした感情が生まれるものです。なので、こうしてあなたに提案する必要はそもそもありません。とはいえ、せっかく情報と学びへの感度が高まっている今のあなたになら、私の「最後の秘密」を公開する価値はあると考えた次第です。

 

ところで、最近のオンラインビジネスの世界を見ていると、どうにもこうにも「言語」のレベルが低いと感じる場面が増えてきました。

 

 

・時代遅れの売り文句

・周回遅れで再び増えてきたキラキラ系の学生起業家

・煽るしか能のないコピペ副業アカウント

・どこかの誰かの焼き回しのようなセリフ

 

 

もう見ていられません。かつては確かに存在した本当に実力のある人たちはここ数年で軒並み引退(稼ぎ切ったので)、または別の事業に移ってしまったのでこうした現象が起きているのだと思います。とにかく、最近のオンラインビジネス界隈は言語レベルが低いのです。

 

なのでここから先の時代では、言語学習レベルまで言葉の技術を磨いた人と、とりあえず流行りの広告文(コピー)だけを取り扱ってその場しのぎをしている人とで埋められない差が生まれていきます。

 

 

別の見方をすれば、言語レベルで言葉(コピーライティング)の技術を極めることでそれを知らない99%の人間に勝ち続けることができるということです。日本語がこの世から消滅しない限りライバル不在で稼げる言語スキルをぜひこの1度しかない機会に手にしてください。

 

「神域ライティング」

 

定価:2,000,000円

 

特別定価:898,000円

一括決済:698,000円

その他分割決済、特例分割決済あり

 

【20万円割引】一括決済はこちら (クレジット or 銀行振込)
※デビットカードでもお申込み可能です

NBL「神域ライティング」

お申込み方法(クレジットor銀行振込)

 

 

一括決済割引(クレジット)
クリックして参加する

 

 

一括決済割引(銀行振込)
クリックして参加する

 

 

【一括決済特典】

 

「秘蔵コンテンツ集(3000万円相当)」

私が稼ぎの源泉としている「3000万円相当」の秘蔵のコンテンツをこっそりシェアします・・・。これは簡単に言うと、ネットビジネスの真実に迫る度肝を抜く資料の共有です。実は、世に出回っているオンラインビジネスにまつわるお話は、ある一人の始祖によって生み出されているのですが、この資料はまさにその始祖である人物が世に送り出したコンテンツそのものです。

 

 

「私のビジネス要綱(本来は非公開)」

これは私が個人的に作成している「ビジネス要綱」です。このビジネス要綱は私自身がビジネスを進める上で信条としている、集客、教育、セールスにおける行動指針です。ただし一般的ではないため、通常であれば公表することはありませんが、裏メニュー参加者には特別に配布します。一般公開されない分、効果は絶大です。このビジネス要綱は、特にオブラートに包むこと無く私の本音で全て書かれているので、私が出している度のコンテンツよりも本質に迫っています。

 

 

「脳科学×ビジネス」

人間の脳の仕組みを理解すれば、一過性のテクニックを超えたビジネス(マーケティング、セールス)を繰り出すことができます。この特典では、脳科学と神経科学に特化する各国の専門機関が明らかにした、世界の市場で効果が実証済みの「販売の科学」を紐(ひも)解いていきます。私たちが絶対に逆らえない脳の仕組みを活用したビジネス手法と今回の「神域ライティング」の技術が融合すれば、あなたの前から敵はいなくなるでしょう。

 

分割プランはこちら
(クレジット or 口座振替)
※デビットカードでもお申込み可能です

 

 

2分割(クレジットor口座振替)
クリックして参加する

※月々449,000円の2回払い

※デビットカードでもお申込み可能です

 

 

3分割(クレジットor口座振替)
クリックして参加する

※月々302,000円の3回払い

※デビットカードでもお申込み可能です

 

※月々152,000円の6回払い
※デビットカードでもお申込み可能です

 

 

※分割決済の場合は分割手数料を申し受けます

 

【特例分割プラン】
(クレジット or 口座振替)
※デビットカードでもお申込み可能です

 

例分割プランとは、始めに一定額をお支払いいただき、その後は「特別定価」の残額を「月々1万円~」などから定額決済していただくプランです。月々のお支払いをおさえたい場合におすすめです。

【特例分割プラン例】初回決済額が30万円の場合

 

→898,000-300,000=598,000

→598,000円を月々「1万円~」で定額決済

 

また、初回決済額が一定以上の場合は一括決済限定特典を進呈します。

 

 

「特例分割プラン」お申込み方法

 

下記の緑色のボタンをクリックしていただき、専用のフォームからお申込みください。いただいた内容をもとに専用のご決済URLを発行しメールまたはLINEでお知らせいたします。

 

※デビットカードでもお申込み可能です

 

※分割決済の場合は分割手数料を申し受けます

 

 

追伸:人は言葉を扱う唯一の生き物

 

上がNBLの裏メニューである「神域ライティング」の内容です。実践コース本編でもコピーライティング技術の解説はしていますが、「単語レベル」まで取り上げてその本質を解剖しているのは後にも先にもこの「神域ライティング」だけです。

 

 

なぜなら、このレベルの内容を他の企画で行うと量がコピーライティングに偏ってしまい本来の企画の趣旨から「ずれる」可能性が高いからです。つまり、簡単に言うと「本来サブであるコンテンツがメインテーマを食ってしまう」ということです。これが私が他の企画と「神域ライティング」のような企画を混ぜない理由です。

 

そのため、本気でコピーライティングの秘密に迫ろうとすれば、「神域ライティング」のように完全独立したものである必要があったのです。いずれにしてもこの企画であなたにお渡しするすべての知識と技術は強力な武器になりますので、必要であればぜひ手にしてください。

 

 

参考までに、「なぜコピーライティングがビジネスの世界で依然として強い影響力を持つか?」という話をします。

 

 

なぜコピーライティングが今でも(そしてこれからも)強い影響力を持つのか?

 

 

その答えは、人間という生き物が唯一、脳と言語を発達させた存在だからです。私たち人間は地球上のどの生物よりも弱いです。素手で戦えば、普段はペットとして扱っている動物にも殺されてしまうでしょう。そんな最弱種の人間が地球を多少なりとも支配できているのは、それは脳と言語によるものだと言わざるを得ません。

 

だからこそ、コピーライティング(加えて、脳科学に根差したビジネス戦略)を技術として所有しておくことには大きなアドバンテージ(優位性)が発生します。

 

 

最後に、この「神域ライティング」以外で、私が今後、コピーライティングについて語ることはありません。なのでここまで読んでみて必要だと思われたのでしたら、ぜひ今すぐ「神域ライティング」を手にしておきましょう。

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright (C) 2020 Kenta Hirano  All Rights Reserved.