これは何?

 

受講期間制限ナシいつまでも受講可能

他社サービスではまずありません)

 

追加費用ナシ最新の講義を追加提供

(他社サービスではまずありません)

 

追加費用ナシ永年無期限でコンサルサポート

他社サービスではまずありません)

 

既に実績者多数】高校生, 主婦, 会社員etc…

(PCド素人だった風俗嬢が, 今ではその業界で「先生」に)

 

上記内容に興味を持っていただけるなら, 続きの内容をご覧ください!

 

商売(人を集めて売って稼ぐ)

のスキルを根本から

 

基本の話をはじめに確認しましょう。商売(ビジネス)とは、モノやサービスを見込み客(ターゲット)に売ることです。このためには、人を集める必要があります。なので、「集客→販売」が商売の原則になります。

 

飲食, 金融, コンサル, 塾, ネットショップ…全部一緒です。例外はありません。ビジネスの原則は「集客→販売」。

 

この順番さえ守れば、むしろ失敗する方が難しいです。逆に、このシンプルな流れを少しでも曲げたり、正確な理解の無いまま何となく進めてしまうと、おもしろいくらい結果が出ない状態に突入します。

 

例えば、下記のような進め方はキケンです。

 

・「Twitterが稼げる」と聞いたからとりあえずTwitterで発信している

→何のためにTwitterを使っているの?仮に集客のためだとして、販売までの導線は?商品は?

 

・「ステップLINEが稼げる」と聞いたからLINEステップを組んでみた

→教育の順番は?1通1通の意図は?どのように顧客の温度感を上げる設計にしている?

 

冒頭のビジネスの原則(集客→販売)や、各フェーズに絡むノウハウを理解せず、とりあえず表面的になぞっているだけの人は多いです。よく、「ノウハウ通り進めたけど結果が出なかった」という人がいますが、そういった人ほど、どこかで間違ったやり方になっていたりします。

 

特に、はじめにお配りした「自動化の教科書」でお伝えした内容であれば、その通りに進めることで、少なくとも結果を出す準備は整います。あれはいわば「手順書(マニュアル)」そのものです。ただ、マニュアルだけでは、前述のように、気が付かないうちに間違ったやり方になっていたり、自己流に走る可能性があるのも事実

 

そこで、当講座では、より本格的なスキルセット(ノウハウ)や知識のお伝えに留まらず、サポートコンサルの面でも、参加者が道に迷わないように、オーダーメイドによる提供を実現しています。この環境で、決して一過性で終わらない、人間の行動心理に根差した本物のスキルを獲得してください。

 

そして、今ネットの世界を覆っている

 

低レベルな情報発信から脱出

 

ましょう。最近のオンラインビジネスの世界を見ていると、どうにもこうにも「言語」のレベルが低いと感じる場面が増えてきました。

 

・時代遅れの売り文句

・周回遅れで再び増えてきたキラキラ系の学生起業家

・インフルエンサーに媚びへつらうだけのアカウント

・煽るしか能のないコピペ副業アカウント

・どこかの誰かの焼き回しのようなセリフ

・成功者の言葉を盗み取るしか能がない偽物

 

もう見ていられません。特に最近のTwitter界隈は酷いですよね。

 

こちらは先日のメールでお送りしたスクショですが、再度添付します。

 

 

 

 

馬鹿の一つ覚え。それが上記の発信者を見た所感であり、急速に発展するネット世界で、次に来る変化(求められる変化)考えるきっかけとなりました。

 

先日のメールでは、こういった状況をみて「吐きそう」とまで書きました。その理由は、ひと昔前によく見た

 

「ネットビジネスなら アフィリエイトがおススメです!

 アフィリエイトならすぐに始められます!

 これからの時代はアフィリエイトです!」

 

のような、「コピーともいえないコピー」 と似たものを感じたからです。

 

確かに、一昔前に比べて, 情報発信する人は増えました。 誰でも平等に情報を発信し、ビジネスチャンスを掴めるのは 本当に素晴らしいことです。

 

ただ数が増えた分、質の方は怪しくなったようにも思います。

 

どこと見ても、要約すれば

 

「毎日苦しい生活だった…でも!

 ◯◯さえ学べば人生大逆転!脱サラ!

 稼ぐなら◯◯一択! 詳細はプロフに! 」

 

なんて投稿ばかり。テンプレ信者ここに極まれり、です。

 

ただ、こうしたテンプレ信者の彼らも、ある意味かわいそうな人たちなのです。 彼らが教わっている人物に 「そう発信しろ」と 指示を受けているだけなので。

 

とはいえ、全員がテンプレを多少変えただけの発信になっていれば、埋もれるのも時間の問題です。 右を見ても左を見ても

 

「〇〇一択!」

「詳細はプロフに!」

「批判覚悟で言います」

「これはガチです」

「知らないとヤバい」

「はっきり言います」

「驚いた」

「聞いてほしい」

「知らなきゃ損!」

 

こんな調子だから、他所から 「宗教」 と叩かれるのです。実際、彼らのリプ欄(投稿への返信欄)を見ると、宗教染みています。

 

補足講義でもお伝えしたように、特定の狭い世界で、誰も彼も似たような発信をしていれば、その先に待つのは馴れ合いと喰らい合いです。少ない見込み客を奪い合う、どうしようもない状態になります。

 

なんで、今のネットビジネス世界はこんな感じになったのか?

 

私なりに周りを観察した上で考えたのですが、自信のある見立てとして、かつて存在した、本当に実力のある人たちが、ここ数年で軒並み引退(稼ぎ切ったので)、または別の事業に移ってしまったので、こうした現象が起きているのだと思います。

 

「空いた枠」に低レベルな人たちが押し寄せた感じですかね。

 

この分析の良し悪しは別にしても、事実、最近のオンラインビジネス界隈は言語レベルが低いのです。

 

なのでここから先の時代では、言語学習レベルまで言葉の技術を磨いた人根本から知を高めた人と、それに対して、とりあえず流行りの広告文(コピー)だけを取り扱ってその場しのぎをしている人とで埋められない差が生まれていきます。

 

別の見方をすれば、言語レベルで言葉の技術や知性を極めることで、それを知らない99%の人間に勝ち続けるということです。

 

あなたが体得する

「自動化」について

 

動化については、既に「教科書」で触れたことでもあるので、今さら解説するまでも無いとは思うのですが、念のため。

 

お伝えした「自動化」の中身は、オンラインビジネスにおける全プロセス(集客, ※リスト登録, 教育, セールス)の自動化です

 

(※リスト登録…メルマガやLINEへの読者登録。「オプトイン」とも言う)

 

よくある、「集客に関してはブログやSNSを死ぬほど更新して肉体労働」といった「エセ自動化」ではないので、ご安心ください。本講座では、「集客, リスト登録, 教育, セールス」の各段階をオートメーション化(自動化)する戦略を全て継承します。

 

あなたが実践することは、下記の4ステップです。

 

1:見込み客を集める(集客)

2:読者リスト(メルマガやLINE)を得る

3:読者と信頼関係を構築する(顧客教育, ブランディング)

4:読者に商品やサービスを売る(セールス)

 

この4ステップを自動化の仕組みに乗せることで、自力で集客, 教育, セールスすることは無くなります。 この文章だけでは現実味の無い話かもしれませんが、このお話を理解していただくために、はじめに「自動化の教科書」で根拠を示していました。

 

ちなみに、ビジネスの自動化はジャンルを選びません。あらゆる市場、商品に対して⾃在にその仕掛けを作れると思って大丈夫です。

 

その上で、今回のプログラムでは、「結果最優先」という⽅針から、各段階に特化したコスキルを実践的に学び、その仕組みを実際に構築しながらしっかり と「体得」していきます。

 

これより費用対効果のある

ビジネスモデルがあるなら

教えてください

 

局のところ、ビジネスは「どこに時間と労⼒を費やすか」です。資⾦⼒があればその時間と労⼒をお⾦で買い「お⾦でお⾦を⽣み出す」ということも可能になりますが、多くの⼈はまずそのステージに⽴つ為に、まずは⾃分の労⼒と時間を「どこか」に割り当てます。

 

その形が「会社勤め」というもいれば「コンビニのアルバイト」という⼈もいますが、実際のところその選択肢では決められた賃⾦以上のお⾦はまず⼿に⼊れることはできません

 

正規か非正規かを問わず、雇われて働く時点で、収入の上限は決まっています。

 

だからこそ今、あなたを含めて多くの⼈が「フルコミッション」(やればやっただけ)のネットビジネスに注⽬し、そこで⾝を⽴てることを考えているのだと思います。

 

ただそんなフルコミッションのビジネスこそ、⾃分⾃⾝が「どこ」に時間と労⼒を割いくのか?

 

「ビジネスのために使う1分1秒」、その積み重ね次第で、実際に⼿にする「収⼊」はゼロにもにもなりえるわけです。

 

しかし残念ながら、⼤半の⼈はほぼ限りなくゼロに近い⾦額か、普通に働いた⽅がマシという程度のお⾦しか⼿にできません。

 

理由は簡単です。

 

時間と労⼒の費やし⽅, 使い⽅, ⽅向性を間違っているからです。ネットビジネスを始める際、やれブログだのSNSだのと言い出した時点で、⼤きく道を踏み外しているとしか⾔えません。

 

ブログやSNSを選んだ時点で「集客販売の自動化」から大きく遠ざかり、多くの人がそうしているように、毎日欠かさず、寝る間も惜しんで成功者気取りの情報発信をするしかなくなるからです。そうして間もなく、

 

「毎日ブログやSNSで発信しているけど稼げない」

「集客できない…商品売れない…」

「毎日作業するのがつらい…苦しい…」

「こんなことなら普通に働いた方が安定している」

 

などと言い出します。賢明なあなたには、ぜひこうした残念な末路は避けてほしいと思います。

 

才能ゼロの凡人が1億円の宝くじ意のままに当選させ, 生涯それを再現し

続けるほどのキャッシュを自在に

 

の実績やノウハウを⽬の当たりにした⼈は、時に私が何か特別な才能があって今のスキルを⾝に付けているの だと思い込み、「天才ですね」などと⾔う⼈もいます。 でも、私に⾔わせれば、この結果は「誰よりもやってきた結果」に過ぎません。

 

もしもあなたが「天才が教える天才のノウハウ」のようなものを欲しているのであれば、私はそんなスキルは⼀切持ち合わせていません。

 

持っているのは「10年以上にわたり、時間とお金を投じて鍛錬と経験をひたすら積み重ねて獲得したスキルだけ」です。

 

ただ、「今の私」が、ゼロから私以外の誰かに自分と同じスキルを叩き込むなら、私が費やしてきた10分の1、強いては100分の1以下の時間と労⼒で、極めて⾼いレベルを⾝に付けさせることができます。

 

今の私のスキルを⼿に⼊れる最短距離、もしくは今の私に限りなく近いレベルのスキルを⼿に⼊れる最短ルートは、経験を元に「知っている」からです。

 

業種業界、ジャンルを問わず、何をどうすれば⼈(見込み客)が反応するかを知っているわけですから、その「最短ルート」を⽰せるのは当然かと思います。

 

要するに、私は「私に近いレベルのスキルをその時間と労⼒を限りなく短縮した形で、⽂字通りあなたの頭脳に叩き込める」と⾔っているのです。

 

そして、今回は、単にスキルのみを教⽰するのではなく、そのスキルを実践的に活⽤した 「結果へと直結する仕組み作り」に⽬的を定めて、その道筋を「直接指導」で先導します。

 

これから、このページでしか公開していない本講座の詳細をお伝えしますが、その前に、

 

これは「ウマい話」などではなく

「ビジネスを創造する話」

 

ということは理解しておいてください。先に共有したTwitterの人々のように、自分の頭で何も考えることなく、ただインフルエンサーに言われた通りのほぼコピペ作業で都合よく稼ごうとするものではなく、然るべきプロセスであなたのビジネスを創り出して、そのうえで集客やセールスを実行して理詰めで稼ぐものです。

 

もちろん、必要以上に難しく考える必要はないですが、最初から舐めてかかるのはダメだということです。逆に、真面目な方法で、堅実かつ効率的に収入を増やしたいと思うなら最適なものになります。本講座では、「自動化の教科書」以上に、

 

「ここ」で集客して

「こういうもの」

「こうやって」売りましょう

 

というように、ちゃんとお伝えするのでどうぞご安心ください。

 

内容詳細

無限増殖

を続ける講義で常に知識とスキルをアップデート

 

前提として、あなたには「集客と販売の自動化」に必要なすべてのノウハウ, スキルを提供します。また、メインの講義や補足コンテンツに加え、メンバーからの質問や要望に応えた追加コンテンツを提供します。

 

私自身、研究のために、今でも他者(社)の教材やスクールに申し込んで情報の精査しているので、良いと思ったものはコンテンツとして追加しています

 

ノウハウやスキルセットに関しては、先述の

 

1:見込み客を集める(集客)

2:読者リスト(メルマガやLINE)を得る

3:読者と信頼関係を構築する(顧客教育, ブランディング)

4:読者に商品やサービスを売る(セールス)

 

上記の「自動化」を完成させるメイン講義はもちろん、私がこれまで、100万円単位で自己投資をして学んできたものをベースにお伝えします。

 

例えば…

 

「ダン・ケネディ」「ジェフ・ウォーカー」「デール・カーネギー」「ナポレオン・ヒル」「リッチ・シェフレン」「ジェイ・エイブラハム」など、王道のビジネス, マーケティングを学んでいれば必ず行きつく大御所の教えにはだいたい触れていると思っていただいて構いません。

 

総額は怖くて数えていませんが、下記はその「一部」です。

 

■創太が学んだスクール例1

 

■創太が学んだスクール例2

 

■創太が学んだスクール例3

 

■創太が学んだスクール例4

 

間違っても、数千円の本や数万円程度の教材で学んだレベルをあなたにお伝えするわけではないので、ご安心ください。大前提、ノウハウこそ本気です。私が上記の総額ウン千万円を投じて入手した知識とノウハウを凝縮、「良いとこ取り」したものを伝授します。

 

現在も専用の新しい動画講義を追加していますが、下記画像の通り2022年10月時点で

383本の講義を作成しています。

 

このように定期的に新しい講義を追加していますので, 不変的な原理原則だけでなく最新事例をも取り入れた効果的なビジネスの進め方をカバーしながらあなたのネット集客と販売を成長させることができます。

 

学べることの一部

 

【累計10,000サービスから厳選】即効性ある集客が可能な厳選ココナラサービス集(随時更新!)

 

無料商品なのに有料商品と同列の価値認識を発生させる方法とは?

 

集客に失敗する人が知らない「ターゲットフォーカスレベル」とは?

 

【セールスレター不要!1000万円を売り上げた事例あり】

まっさらな初心者だからできるクリーンな情報発信者&情報販売者になるための綺麗すぎる成功ルート&ベストな独自コンテンツ価格設定とは?

 

無料コンテンツの価値を上げるために, 配布前に行うある処理とは?この1クッションをはさまないと無料コンテンツを配る意味が消え失せます

 

セールスレターの真実は「セールスレター=〇〇」であるということ!この認識が無いと独自企画(コンテンツ)を一生作れません…

 

ド素人でも見込み客の信用を一気に勝ち取りなが高単価商品を売れる無料かつシンプルな方法とは?

 

あなたの主張, 信条こそが「正義」でありそれ以外の選択肢は「悪」である, そう読者自身が納得してあなたの主張を120%受け入れてしまう方法とは?

 

読者から強い共感を得てファンになってもらうためのストーリーを構成する12の要素とは?

 

読者が潜在的に抱えている願望を逆手に取ってあなたの主張を盲目的に信じさせる文章を構成する4つのポイントとは?

 

売れているセールスページの構成を真似るのは危険! 確実に売れる文章を作る「要素ライティング」とは?

 

お得感を感じてもらうために、価格の安さで勝負するのは下策。価格以上の価値を顧客に感じさせ、高額商品でも大量に成約させる2つの要素とは?

 

実績がないから集客できないという考えは間違い。突出した実績がなくても自分を魅力的に見せる、弱点を強みに変える思考法とは?

 

独自商品を持たず、アフィリエイトだけで月収1000万円に到達した人の意外な事実

 

〇〇で販売の機会損失を防ぐ技術

 

「8つのオファー」を使い分ける技術

 

主張の正当性を示す「証拠・根拠」を使う技術

 

購入へ導くために〇〇性を出す技術

 

「稼ぐ言葉を掘り当てる5つの質問」とは?

 

「“お客様の声”がまだ無い時の戦い方」とは?

 

説得力のある文章構造「PASONAの法則」の新形態とは?

 

表現の引き出しを増やす「見出しの66の型」とは?

 

〇〇の8要素で見出しにインパクトを出す方法

 

買わない客を排除し, 意欲ある顧客だけを集める方法

 

自分が集めたい顧客に合わせたメッセージを書く技術

 

人を動かす3大要素を知り, メッセージに埋め込む方法

 

高単価なのに「高い!」と思われないマジック

 

行動経済学をネットビジネスに適合させるには?

 

⾒込み客から「この人から情報を受け取りたい!」という⾼い意欲, 意識と共に、その読者登録(メルマガ, LINE)を引き出すライティングの真髄と原則

 

あなたに興味も関⼼も抱いていない、フラットな状態の⾒込み客でもメルマガやLINE登録してしまうLP(集客ページ)構成とは?

 

LPのヘッドコピー(一番上の文章)で興味, 関⼼を集め、瞬間的に読む動機を作り出す必須要素

 

最終的には購入者になる「意識の⾼い読者」が次から次へと集まってくる、「逆転発想の集客戦略」とその事例

 

セールスを⽬的とするセールスレターのヘッドコピーと、集客を⽬的とするLPのヘッドコピー…それぞれの明確な原則的「違い」とLPだからこそ有効となるヘッダー構成の具体事例

 

「興味本位レベルの登録者を」排除し、意識の⾼い読者だけを集めることを徹底した、量より質重視のLP構成

 

集客時に「明確」にすべき「ターゲットの意識設定」とは?

 

たった1つその要素を加えるだけで、読者登録を引き起こす訴求要素と、その「動機」を強固なものに⾼めるテクニック

 

⾼いスキル, ノウハウ, 実績等が皆無でも、魅⼒に溢れる「有益なオファー」を提唱, 提案できる「ハンデをゼロにする無料オファーの作り⽅」とは?

 

文章で「注意を引くこと」と「興味を引くこと」の段階的な違いを認識することで、「衝動的関⼼」と「意識的関⼼」を相乗的に引き出す扇動ライティングの真髄

 

「意識で読まれるコピー」と「感覚で読まれるコピー」の明確な違いとは?そして、それを踏まえた「訴求⼒の⾼いコピー」の作り⽅とは?

 

読者の注意を一瞬で惹きつけるコピーを作成するために必要不可⽋な「主語」「述語」「語尾」「接続詞と接続助詞」の構成原則

 

どのような意識, ⾓度, 視点から読まれても「⾼い訴求性」に繋がるヘッドコピーを構成するために、「全てのコピー」「全てのフレーズ」でクリアしなければならない解消要因

 

オファーの「訴求ポイント」を、ヘッドコピーを構成する全てのコピー, 全てのフレーズに備える構成テクニックとその具体例

 

強烈な「注意」と「興味」を瞬発的に引き付ける「インパクト型のヘッドコピー」と「シークレット型のヘッドコピー」それぞれの作り⽅とその構成原則

 

「ターゲットの明確性」「オファーの明確性」「ベネフィットのイメージ」の3点構成によって意図的に興味を引き付ける「三位⼀体型のヘッドコピー」の作り⽅とその構成原則

 

「この⼿紙は⾃分のために書かれている気がする」というイメージを直観的に認識させる「ターゲッティングコピー」の作り⽅

 

⼤物政治家の「街頭演説」のように、道⾏く⼈の⾜を⽌め、その言葉に⽿を傾けさせてしまう反応を意図的に引き起こす、「饒⾆な街頭演説」とコピーライティングの共通原則

 

「あなた」という言葉を使った問いかけで訴求性を各段に⾼める、有効なライティングテクニック

 

多くの情報発信者が「訴求性」とは真逆な効果を引き出してしまっている「ベネフィットを⽰すコピーの過ち」を改善し、その効果を180度反転させる「ベネフィットの⽰し⽅」とその具体例

 

オファーを決して無視できなくなる未来像、将来的なメリットの「イメージ」を鮮明に引き出し、それに⾼い「信憑性」と「リアリティ」を感じさせる「キャッチコピー」の⽣成原則

 

コピーを⽬にする読み⼿側の「猜疑⼼(疑い)」をそのまま逆⼿に取り、逆に釘付けにする「イメージコピー」の作り⽅

 

衝動的な「インパクト」を重視したコピーによって、読み⼿の「本能」を刺激して注意を引く強烈な「インパクト型コピー」を作る⽅法とその具体事例

 

読み⼿の本能を刺激する「衝動的な反応」を1つのアクセントとして、コピーを読み進める動機を、その衝動と共に作り出す「アクセント型コピー」を作る⽅法とその具体事例

 

読み⼿がほぼ無条件で本能的な「反応」を⽰してしまう「⾮現実性」「意外性」「反社会性」 「危険性」「緊急性」を使った直観的フレーズの構成テクニック

 

多くの⼈が捉える現実, 常識とは明らかに逸脱した「⾮現実的なメッセージ」「意外性のある情報」によって注意を引き、興味へと繋げるキャッチコピーの作り⽅とその具体例

 

あえて「反社会的なキーワード」「反社会的なフレーズ」を使うことで、強い衝動的なインパクトを与えるキャッチフレーズの作り⽅とその具体例

 

本来はネガティブな印象, イメージにしかならないはずのメッセージを使い、読み⼿側に 「危機感」を認識させ「危険性」を察知させる「警告コピー」の作り⽅とその具体例

 

たった1つの「シークレットポイント」から好奇⼼と興味を引き出し、⼀気に「⾏動の動機」を引き出してしまう「シークレット型コピー」の構成原則とその実例

 

キャッチコピーの反応を⾼める上で、決してその判断を誤ってはならない「インパクト重視のキャッチフレーズ」と「イメージ重視のキャッチフレーズ」の明確な境界線とは?

 

「具体的な数字を並べて客観性を示すテクニック」を使っても読者の反応を下げるパターン

 

インパクトは与えるものであり、イメージは引き出すもの…この「⼤原則」を軸に興味へと結び付け、読む動機を引き出す絶妙なキャッチコピー, ヘッドコピーの作り⽅とその事例

 

その話を今すぐに聞かせてください!」と、読み⼿が「前のめり」になる興味性を、疑いの気持ちをほぼ抱かせず「腑に落とした状態」で引き出せる「興味の段階レベル」を押さえた⼼理テクニック

 

読者の興味を引き、⾏動させるために意識すべきヘッドコピーの「前半」と「後半」を分ける視点と、「訴求の⽅向性」とは?

 

「読者の意欲を⾏動に変えるコピー」の構成原則と「⾏動意欲に繋がるコピー」の構成原則と事例

 

キャッチフレーズ、キャッチコピーを端的に組み合わせることで「注意」「興味」に繋がる 「インパクト」と「訴求性」を相乗的に引き上げる構成テクニックとその事例

 

コピーライティングの三⼤法則「QUESTの法則」「AIDMAの法則」「PASONAの法則」において、有効となる事案とそうではない事案の選定原則とその活⽤原則

 

読み⼿側の⼼理を「俯瞰(客観視)」で捉え、興味本位レベルの意欲、意識を⾼め上げ、読み⼿を⼀気に引き付ける「訴求ポイント」の捉え⽅とその視点的原則

 

LPの反応を下げるだけの「⾃⼰紹介⽂」の典型例と、反応を各段に⾼める⾃⼰紹介⽂構成の鉄則とは?

 

ほぼ確実に読まれる「LPの冒頭⽂数⾏」で⼀気にその⽂章, メッセージへと読み⼿を引きずり込む、刺激しやすい潜在⼼理を利用した「鉄板」で使える冒頭⽂構成

 

ベストセラー⼩説, 名作と呼ばれる「物語」に学び, 応⽤する、読み⼿(読者)を⼀気に引きずり込む秀逸な冒頭⽂の構成テクニック

 

川端康成の「雪国」に学ぶ、視覚的なイメージから⾃分⾃⾝がその状況や現場を実際に⽬にしたかのような「体験」に近い臨場感を感じさせる「描写型コピー」の構成テクニックとその事例

 

誰もが持つ「喜怒哀楽」を想起させる「感情の連想に繋がる⼀⽂」によって、ほぼ無条件に近いレベルで読み⼿をその⽂章に引き込む「感情型コピー」の構成テクニックとその事例

 

「文章の続き」をとにかく読ませるために知っておきたい「論理的な⽂章」 で「意識的な興味」を引き出し続ける原則

 

読み⼿側が興味, 関⼼を抱く主張とそうではない主張の的確な線引き基準

 

多くの情報発信者が過ちを犯し、その反応を下げている無根拠で⼤袈裟なだけの「ベネフィットのアピール」を改め、その反応を格段に⾼める改善の視点

 

あえて「危機感」や「喪失感」を与え、訴求⼒を格段に⾼め上げる「負のイメー ジの活⽤テクニック

 

ユニークな⽐喩, 漫画や歴史上の⼈物名, 意外性のあるキーワードを訴求性の強いフレーズやコピーとして有効活⽤できる「インパクト」重視のライティングテクニック

 

誰もが⽬を引いてしまう「インパクトのある数字」「具体的な数字」を使って読み⼿の⽬を引き、注意を引き付ける「数字への印象」を重視したライティングテクニック

 

あえて「⼤袈裟な表現」「過激なフレーズ」を使って読み⼿の無意識的な「過剰反応」を 「訴求性」へと結び付ける、あからさまな「謳い⽂句」「ウリ⽂句」による訴求テクニッ ク

 

「宣⾔」「警告」「⾏動」の3⼤要素の展開構成によって、メリット, ベネフィットのイメージ をより鮮明に引き出し、訴求⼒を⾼める術(じゅつ)とは?

 

「この⼈の話を聞いておけば、⾃分の願望を叶えられそう」そんなイメージを引き出してこそ意味がある「⾃⼰アピール⽂」で、多くの情報発信者が過ちを犯している落とし⽳を擦り抜ける注意ポイント

 

⾃⼰PRの「タイミング」と「PRポイント」で⼈間味と親近感を読み⼿に植え付け、⼀気に読者登録への意欲を⾼める「ブランディング」を兼ねた誘導テクニック

 

あなたの実績, 経歴等の⾃⼰アピール情報の信憑性を各段に⾼め、読者登録に結び付ける「有効なアピール材料」とそのアピール⽅法

 

ボディコピーの合間に配置することで情報量, ⽂章量の多い「⻑⽂のLP」をグイグイと読ませることが可能になる「理想的なサブヘッドコピー」の構成原則

 

「無料」を前提とするオファーにおいて、「保証」という要素を効果的に⽰し、登録率を⾶躍的に⾼める、無料のオファーだからこそ有効となるクロージングテクニック

 

LPのアピール要素として効果的な訴求材料となる「実態のある付加的要素」と「実態の無い付加的要素」の違いと、それぞれの特性に応じた演出テクニック

 

そのオファーへ受け⼊れることで得られる「利益」と、そのオファーを受け⼊れない事による 「実質的な損失」をセットで認識させ、「損得認識」を読者登録と結び付ける無料オファーの作り⽅

 

誰でも知っている客観的事実や⼀般論を使って、商品の「付加価値」を認識させる「プレミア感の演出テクニック」とは?

 

ライバル達との関係性を「敵対的」に演出し、その「敵対関係」を「付加価値の認識」に繋げる「敵対感情による訴求テクニック」とは?

 

本来はマイナスに働くはずの「嫌悪感」「不信感」といった「負の感情」を、真逆の⽅向に作⽤させ、そのオファーを受ける「動機」へと結び付ける「反転感情による訴求テクニック」とは?

 

オファーの「⾦銭的価値」を算出し、その「算出根拠」を⽰す形で、ダイレクトな⾦銭的メリットと共にその「価値」を認識させるテクニック

 

⾃分⾃⾝の経歴, ⼈⽣観をオファーのオリジナリティの演出に結び付け、唯⼀無⼆の「限定性」 「プレミア感」そして「希少性」の認識に繋げる「独⾃性」の演出テクニック

 

メッセージを全て伝えた段階で初めて有効性を発揮する、感情や想いを込めた「⼈間味のある熱いメッセージ」「メッセージ性の強い⾔葉」を有効な後押し要素にするテクニック

 

最後の最後にそのオファーを受け⼊れないことによる「負のベネフィット」をイメージさせ、オファーのメリット, ベネフィットの価値認識を⾼める「引きのメッセージ活⽤テクニック」とは?

 

最後の「ダメ押し要因」として読み⼿の「⾏動意欲」に拍⾞をかけ、その「背中」を強く押し出す「追伸」の構成原則

 

「読み⼿側の興味を削ぐ情報」と「不安要因になる情報」の明確な線引きを前提とした、LPで有効なアピール材料の1つとなる「訴求題⽬」の作り⽅

 

読者の反応を著しく下げる「使用NGな2つの品詞」とは?

 

⽂章の時間軸を表す「現在形」「現在進⾏形」「過去形」「過去進⾏形」「未来形」「未来進⾏形」の⽂章を「適切」に構成するための過去, 現在, 未来を線引きする原則とその例⽂

 

読み⼿の反応を⼤きく引き下げる「メリハリの無い単調な⽂章」と、⽂章をリズム良く読ませる「メリハリのある⽂章」の違いとは?

 

「この⼈の紹介する商品ならきっと良いものに違いない」「この⼈の紹介する商品ならきっと値段以上の価値がある」そんな信頼と期待をゼロから⾼めるブランディング理論

 

  オフライン(現実世界)の「第⼀印象のロジック」と、オンラインの「第⼀印象のロジック」の違いに学ぶ、ウ ェブメディアに適した「印象作り」の原則とは?

 

読者の満⾜度を引き出すために不可⽋な「メッセージの説得⼒」と、そこから得られる納得と共感を引き出す必須要因

 

なぜか「説得⼒」を感じ、納得してしまう「巧みな話術」に学ぶ、「正しさ」に⽋ける理論さえ納得させ、聞き手の腑に落とす「理詰め」の原則

 

どんなに論理的な「根拠」を⽰しても、その「根拠」説得⼒を持たせるために必要不可⽋な「説得要因」と具体事例

 

⽂章の「接続詞」と「語尾」の構成だけで、⽂章の「説得⼒」が各段に代わる、具体的な⽂章例のビフォーアフターと、その具体例に学ぶ「説得⼒のある⽂章」の作り⽅とは?

 

世の中にある「客観性の⾼い情報」や「資料」を⾃らの主張を裏付ける「客観的証明」とし て⽰すことで、読み⼿を強制的に納得させる「説得」のテクニック

 

偉⼈や有名⼈の発⾔や⽂献を⾃らの主張の「正当性」に結び付け、その「説得⼒」を各段に⾼める「権威への服従作⽤」を利⽤した⽂章錬成

 

提供情報に価値を感じさせ、内容に⾼い満⾜感を持たせるために、読者に必ず認識させるべき不可⽋要素

 

⾒込み客とあなたが「接点」を持った瞬間を起点に、それを「ブランディングのスタートライン」として、理想的なブランド構築を可能にする「リード・ブランディングの原則」とは?

 

⾒込み客を「理想的」な形でメールマガジンやLINEへのオプトイン(読者登録)へと落とし込む、「メディア(ブログ, SNS, 広告etc)構築」と誘導戦略とは?

 

「⾒込み客との継続的な関係」を持ち続けるための「メディア(ブログ, SNS, etc)」と「メールマガジン」の実質的な「境界線」とは?

 

あなたに対しての「興味」や「関⼼」を⾼め、内容への「期待値」を⾼めるテク ニック

 

「この⼈の発信する情報を受け取っていけば、⾃分にメリットがありそう」そんなイメージを鮮明に引き出す「読者登録」を境⽬とした効果絶⼤のブランディングフレーズとは?

 

あえて「必要最低限に絞り込んだ簡素な情報」のみで、⾼い意識レベルの⾒込み客のみを「反応」させ、読者の「質」を向上させるブランディング戦略とその具体事例

 

「実績」や「経歴」などを「⾃慢」にならずに、ごく⾃然に受け⼊れさせる「客観性」と「トライアングル効果」を利⽤した⾃⼰PRテクニック

 

「押し付けがましい⾃⼰PR」の要因となっているマイナスフレーズを避けると共に、共感性の⾼い「謙虚さ」を印象付けるテクニッ ク

 

複数のコンテンツを戦略的に活⽤することであらゆる層、あらゆるレベルの見込み客を段階的に教育し、最後は質の⾼い⾒込み客へと育て上げる「分岐型のブランディング戦略」とは?

 

「教師」と「⽣徒」の関係を利用した「優秀な指導者」としてのブランディングを可能にする「⾃⼰演出の原則」

 

何も手を加えなければブランディングに繋がり得ない情報から、情報提供者としての「⼈間像」 「⼈物像」をイメージさせ「親近感」を⽣みだす「ブランディング要素」を使ったブランディングテクニック

 

⾒込み客との「共通点」を認識させることで、その「距離感」を⼤幅に縮める「共感性要素」の演出テクニックとは?

 

リスト教育の「順序構成」と「発信間隔」の原則

 

購読意欲を⼀気に⾼める「件名」を意識したメルマガ冒頭⽂の構 成術。 

 

「 ○ ―――→ ●」この図1つで明確になるブランディングの原則とは?

 

読者との信頼構築を完成させる「価値提供」のロジックとは?

 

セールス(売り込み)の「成約率」を跳ね上げるために、読者に対して気付かせるべき「教⽰要因」とは?

 

「ターゲットが求める情報」「価値を感じる情報」の提供と共に限りなく湧き出る「新たな好奇⼼」を的確に読み取り、その好奇⼼をさらに満たす「興味付け」と「情報提供」による理想的な信頼構築のサイクル

 

毎⽇何通も届く頻度の⾼いメールマガジンと、数カ⽉に⼀度しか来ない頻度の低いメールマガジン…どちらがセールスで最善なのかを明らかにする 「発信頻度の最適化理論」とは?

 

「鉄は熱いうちに打て」登録直後の読者だからこそ有効となる顧客⼼理を焚きつけるブランディングテクニック

 

「連鎖的な情報提供」によって「セールスに先⽴つ教育」と「信頼関係の構築(ブランディング)」を両⽴させるシナリオ構成の鉄則と具体的な構成事例

 

メールマガジンの「件名(タイトル)」によって「開封」という⾏動を引き出す「⼼理プロセス」

 

ただ「開封」させるだけでなくそのメールの内容が気になり、すぐにでも⾷い⼊るようにその本 ⽂を読み進めくなる、理想的な「件名タイトル」の構成原則

 

ブランディングが不⼗分な読者に対してこそ有効となる、メルマガ全般の開封率、購読率を向上させるメルマガ特有のキャッチコピーの作り⽅とは?

 

フリーメール(Yahoo!, Gmailなど)やメールソフト(outlook)を利⽤する⼤半のネットユーザーの「閲覧環境」を前提とした「件名」の冒頭10⽂字と20⽂字の法則とは?

 

メールマガジンの「開封率」を⼤きく左右する、件名に必要不可⽋な「インパクト」と「感覚的な印象」を⾼めるキーワードとフレーズの構成要因

 

「スパム業者」の迷惑メールにもかかわらず、開封率を格段に跳ね上げている「開封されるメールの件名」の共通原則

 

誰もが潜在的に持っている「欲求」や「⼼理」を刺激し、想像⼒を掻き⽴てる件名の構成テクニック

 

誰もが持っている「⾃⼰の利を求める欲求」や「本能」を刺激して「直観的な反応」を 引き出す快楽欲求, 幸福欲求の訴求テクニックとその具体事例

 

「伏せ字, 問いかけ, 意外性」から読み⼿側の「好奇⼼」を直観的に掻き⽴て、本能的な「知識欲求」を⾼める訴求テクニックとその具体事例

 

多くの⼼理学実験でも⽴証されている「幸福感」よりも「喪失感」が⼤きい⼼理傾向から「⾃⼰の損失」に過敏となる「損失回避性」を訴求するテクニックとその具体事例

 

「⾃分は特別でありたい」「特別な扱いを受けたい」誰もが潜在的に持っている「特別感情」を訴求するテクニックとその具体事例

 

警戒心マックスな読者の「意識」をグッと引き寄せ、 その姿勢を「前のめり」にさせる理想的なメールマガジンの構成原則

 

読者の表⾯化した「意欲」をキャッチし、「関⼼度」を瞬発的に⾼める「件名」と「冒頭⽂」の相互関係

 

メールマガジンの「開封」に⾄るまでのプロセスから読者側が抱く「興味」「関⼼」 を⽷⼝に、その突破⼝から「購読意識」を⼀気に高める「フロントコピ ー」の構成原則

 

「ベストセラー⼩説」でも使われる「描写的な情報」から、その「鮮明なイメージ」を引き出し、読者をその世界観に⼀気に引き込むテクニック

 

⼈気マンガ, ⼈気アニメでも使われる、1話1話の「引き」のテクニックでメルマガを構成する⽅法

 

読者があなたのメルマガで得た「情報の価値」を認識させるテクニック

 

読者が今後、何をするべきか、何を成すべきかの「⾒通し」を広げ、あなたから得られる「学び」や「教訓」の価値認識を格段に⾼めるイメージ・ライティングの原則とその具体例

 

常に意識しなければならない「⽂章の温度」と⽂章事例

 

「冷静沈着な⽂章」を介して、「あつかましさ」や「押しつけ感」を与えずに、読者に真っ向から「誠意」「熱意」を伝えるメルマガ特有のライティングテクニック

 

読者の「集中⼒」を引き出し、あなtない「親近感」を抱かせて「理想的な関係性」を築き上げる「読者との距離感」とは?

 

友⼈、知⼈に持ちかけられた「相談」に対して、親⾝な助⾔、アドバイスをするような文章を作る「適切な⾔葉運びの原則」とその具体事例

 

読者の反応を著しく下げるマイナス要因だらけの文章を改善した例(ビフォーアフター)

 

「改⾏の⼊れ⽅」を変えるだけで⽂章が各段に読みやすく、分かりやすくなる具体的な2つの⽂章例に学ぶ、「改⾏構成の原則」とは?

 

メールマガジンを購読する読者の「意識」と「肉眼」を踏まえ、「読みやすい⽂章」を構成する「⾏間」の規則性

 

読者⼼理の共感要因, 反感要因から紐解く、共感を引き出し、反感を抱かせないテクニック

 

「共感を得る⽂章」の構成要素とその要因

 

物事を「断定」することで説得⼒が向上する事例と、「断定」が読者の反感や違和感に繋がる事例に学ぶ、断定するべき主張とそうではない主張の線引き基準

 

誰から⾒ても明らかな「客観的事実」を⽰す⼀⽂の「反感」を避け、同時に「共感」を得る文章の⽐較・改善事例

 

あなたの「⾃⼰主張」を⽰す⼀⽂の「反感」を避け、同時に「共感」を得る文章の⽐較・改善事例

 

⼀般論」に視点を向けた⽂章の「反感」を避け、同時に「共感」を得る文章の⽐較・改善事例

 

読者側の意⾒, 考えに視点を向けた⽂章の「反感」を避け、同時に「共感」を得る文章の⽐較・改善事例

 

「カレーライスとラーメン、おいしいのはどっちですか?」そんな答えの無いテーマで、あなたとは真逆の意⾒を持っている読者に⾃らの意⾒を理解させ、さらに共感さえ引き出すテクニックとその具体例

 

多くの⼈が認識している「⼀般論」を持ち出すことで、主張の「正当性」を強調し、「説得⼒」を向上させるテクニックとその具体例

 

「理解」「納得」「共感」の段階を踏まえた「信頼構築」のロジック

 

よほど非道徳で反社会的な内容を⽰さない限り、前向きな反応を⾒込める、読者からの「理解」を得て「納得」を引き出す⽅法

 

読者の「理解」及び「納得」を引き出し、「同調」及び「同意」を得られる 「共感」という⼼理プロセスの引き出し⽅

 

読者との距離感を⼀気に縮めて「親近感」を⾼め、「この⼈は⾃分を理解してくれる」という「理解認識」を引き出すブランディングテクニック

 

あなたが読者側にとっての「理解者」であると認識させ、その距離感を「信⽤」に結び付ける、いわゆる「価値提供」とはまったく別の戦略

 

メルマガ本⽂ではなく、あえて「形」のあるPDF形式にすることで、読者の 「読む意識」を⾼め、反応を⼀気に⾼める戦略の詳細

 

必要最低限の情報のみで読み⼿を引き込む「⽰すべき情報」と「⽰すべきではない情報」の線引きの原則とその原則を裏付ける2つの具体的な⽂章事例

 

読者の悩みや願望を代弁して、同意を引き出し、その積み重ねで「あなたとの同調認識」を作り出すテクニック

 

「同意を求める⼀⽂」「⼼情を問いかける⼀⽂」によって、読者が反射的にその「答え」を頭の 中で探し出そうとする思考プロセスから「訴求⼒」を⾼めるテクニック

 

確固たる「答え」が存在しない「抽象度の⾼い情報」や「哲学的なテーマ」を発信することで、メ「オリジナリティ」と「独⾃性」を⾼めるテ ク

 

「コピーライティング」と「宗教」の関係性に学ぶ、本来のテーマとはかけ離れた理論で「信⽤」と「尊敬」を引き出す「教育」のテクニックとその事例

 

メルマガを使って読者の「⾏動意欲」を引き出し、「同調意識」を⾼めるテクニック

 

読者が「批判的に捉えているもの」を批判することで「⾃分と同じ価値観を持っている」という共感認識を植え付け、その認識と共に「親近感」「仲間意識」を引き出すテク ニックとその具体事例

 

あなたのスタンスや姿勢と相反する対象を批判し、「正当性」と 「付加価値」を間接的に⾼めるテクニックとその具体事例

 

全ての読者に対して⼀律して「有益な情報」を提供するための「読者間の知識格差」を合理的に埋める有効なテクニックとその具体事例

 

毎⽇のように「商品の売り込み」を仕掛けても、読者へストレスを与えず「売り込み感」や「売り込み⾊」を抱かせないセールス戦略

 

「ここぞ!」という時の売り込み(セールス)の訴求⼒だけを格段に⾼める、緩急と温度差を付けてメルマガを展開するテクニック

 

セールスメールの開封率をピンポイントに⾼める「追伸」を利⽤した「予告」のテクニック

 

「どこでその商品を買うよりも、あなたから買うことにメリットがある」そのような意識を引き出し、「購買意欲」を⾼めるセールスライティングとは?

 

読者との信頼関係を構築し「⻑期的な利益」を⽣み出し続けるコンテンツ構成とその具体事例

 

たとえ多くのライバルと同系統の商品を売ることになっても、セールスコピーで挽回不可能な差を付けて、追随不能な「差別化」を図るセールステクニック

 

意識の低いターゲッ トを対象としたセールスライティングの原則

 

商品の「価値」を柔軟に認識できる「学び」「気付き」を読者に与えながら信⽤と信頼を構築するセールスプロセス

 

セールスの「ベストタイミング」を図る⽬安と基準

 

⾒込み客に「投資の必要性」を認識さ せるテクニックとその具体例

 

「株・FXで稼ぎたい⼈」に「マーケティングの教材」を売る時に気づかせる物事と具体例に学ぶ「売り込み」の原則

 

「コピーライティングを学びたい⼈」へ「コピーライティングの教材」を単⼑直⼊に売る時に、反応を最も左右する「フロントコピーの原則」とは?

 

【事例研究】「ネットで稼ぎたい⼈」へ「Twitter の集客ツール」を売る時のセールスレターの「冒頭⽂」 と「展開」の構成

 

セールスを仕掛ける前段階で⾒込み客の意識, 思考の「転換」と「切り替え」を担うポイントを作り、購買意欲を⾼めるステップ式のセールス戦略

 

その⽬的が「特定の商品を紹介(推奨)するものであること」を読み⼿側に認識させ、セー ルスを受ける側の「意識」と「⼼構え」を持たせ、売り込みへの反発感を押さえるテクニック

 

「なぜ、その商品をお勧めするのか」という売り手側の意図, ⽬的に対して「なぜ、その商品を売り込まれるのか」という買い手側の認識を⼀致させ「意思疎通」を成⽴させるテクニック

 

「セールス(売り込み)」の趣旨を単⼑直⼊に伝える構成が適しているケースと、適さないケースの⽐較事例に学ぶ「構成」の線引きライン

 

あえて「ネガティブなキーワード」を使うことで、ターゲットの「購読の意欲」を⾼めると共に、購買意欲の⾼い⾒込み客の「反応」を格段に⾼めるセールスコピーの具体事例

 

「購買意欲の⾼い⾒込み客の集客」を実現する「〇〇効果の⾼いキーワード」の選定原則

 

商品の「アピールポイント」を考える時に「⾃分の感覚」と「ター ゲットの感覚」を⼀致させ、訴求⼒の⾼いアピールポイントを厳格に判断する⽅法

 

「商品のアピ ール」と「商品の売り込み」の違いとは?

 

ターゲット側の視点を前提に、⾒込み客に響く商品の「強み」や「メリット」の判断基準と、特にターゲットが求めていない、訴求⼒の弱いポイントの判断基準からなる「線引き」の原則

 

ショッピングセンターの「実演販売」に学ぶ、実演時のNG行為と、「実演」を経ることで有効になる「販売の段階的プロセス」とは?

 

友⼈, 知⼈, 家族に対して、純粋に「おもしろい!」と思った映画や本を紹介するイメージから作りだす「商品アピール」の適切な「シュチエーションイメージ」とは?

 

商品のアピールで、どのようなポイントをどのような順番でどのようにアピールすればいいのかの「3⼤原則」とは?

 

あなたが⽇頃から⽇常的に「体験」している可能性が⾼い「消費活動」から紐解く、あなた⾃⾝が潜在的に認識し、何度も向き合い続けている「消費者⼼理」を踏まえた「購買意識」と「購買⾏動」のロジック

 

⼤ヒット映画の「予告編」及びその「ダイジェストムービー」に学ぶ、ターゲットの「関⼼度」 と「意欲」を格段に⾼め、その「本編」を⾒たくて堪らなくなる⼼理を⾃在に作り出すラ イティングテクニック

 

⼈にモノを勧められて、それを衝動買いする現象を、あなたの読者に引き起こす「イメージセールスの原則」とは?

 

商品の「購⼊」を引き出す過程で必要不可⽋な「購買意欲」とは何か?そこから読み解く、⾒込み客の中に「購買意欲」が⽣まれる条件と、そのメンタルブロックの 崩し⽅

 

購買意欲を「⽣み出すこと」と「⾼めること」の違いと、その違いを正しく理解した時に初めて可能になる、⾒込み客の⼼理段階に沿った「訴求材料」と「アピール材料」の判断基準

 

「興味の壁」「信⽤の壁」「⾏動の壁」の捉え⽅と、その3段階を踏まえた「消費者⼼理」の訴求原則

 

⾒込み客の「買いたい感情」と共に⽣まれる「懸念」や「不安」を払拭する方法

 

商品の販売ページ、セールスレターを介して⾒込み客が抱いた「違和感」を解消し、 信頼性と好印象を同時に引き出す「代名詞」と「伏せ字」を逆⼿に取るセールステクニック

 

「結果」や「未来像」のイメージに結び付く「要因」を⽰す「ベネフィットの提⽰原則」とは?

 

「なぜ?」「どうして?」「本当?」「嘘でしょ?」そんな読み⼿側の「⼼の声」に⽿を傾け、 その⼼理を汲み取った情報, ⽂章を構成する「読⼼術」に沿った「⾔葉選び」の鉄則

 

表現を改めることで「マイナスイメージ」を抱かせない状況を作 るテクニック

 

読み⼿側が抱いている可能性の⾼い「懸念」「疑問」「不安」などのマイナスイメージを全てを払拭し、納得させ、腑に落とす方法とは?

 

見せ方1つで、商品への興味や関⼼を引け出す「興味材料」、商品の有効性を裏付ける「信⽤材料」、懸念, 不安を払拭する「⾏動材料」…その全てを担える万能な訴求要素とは?

 

凄腕弁護⼠に学ぶ「疑いの余地」をあえて取り上げて、その「払拭」を図り、訴求⼒と正当性を⾼めるテクニックとその具体事例

 

何の信憑性も訴求性もない「不確かな情報」を客観性の⾼い情報変える「アピール戦略」とその具体事例

 

本来なら成約率を下げる「致命的な商品の⽋点」を解消し、それ以上の「好奇⼼材料」へと結び付ける「クロージングフォローの原則」とは?

 

商品の「弱み」「デメリット」を逆⼿に取り、売り込みを前提とするアピール⽂の 「信憑性」と「説得⼒」に向上させるマイナス要素の変換テクニック

 

価格の提示によって商品自体の信憑性と説得⼒を⾼め、⾒込み客の購買意欲を格段に向上させる「プライスアピールの原則」とは?

 

商品の販売価格と消費者⼼理の間に⼤きな「ギャップ」をあえて作り出し、購買意欲を⼀気に⾼める「価格情報の効果的な演出テクニック 」とは?

 

価格に対しての商品価値」を論理的に⽰し、その商品の価格 の正当性や妥当性を納得させる「利得的価値と対⽐的価値の提⽰テクニック」とは?

 

消費者の「⾏動へのブレーキ」となる「⽬先の⽀払い(損失)」に対する損失回避の 「本能」を、先々の利得を論理的に判断させて「判断⼒」によって打ち破るテクニ ック

 

⾼額商品を売る(アフィリエイト含む)時に重要となる「価格の提⽰原則」と「⾼い」という印象を押さえこみ購買意欲に結び付ける「プライスフォローの原則」とは?

 

「クロージングのメッセージ」でも「押し売り」の印象を与えず、⾃然と受け⼊れさる「タイミング」とその理想的な 「構成」とは?

 

商品を買うべき理由の要因を端的に⽰し、その理由をじっくりと裏付けて購買意欲を⾼め、購買への⾏動意欲を⾼めるテクニック

 

商品を⼿にすることで得られる魅⼒的な未来像, 将来像の因果関係とそのイメージを結び付ける「体験談」の構成原則

 

あなたの実体験に⾒込み客を「⾃⼰投影」させ、疑似体験させることで、⼿に入る未来像, 将来像のリアリティを⾼めるテクニック

 

プラス印象になる情報は「具体的」に⽰し、マイナス印象になる情報は「端的」もしくは「抽象的」に⽰すことで⾒込み客から「好印象」のみを引き出すライティングテクニック

 

⾒込み客側の「疑念」や「不信感」の要因である「不透明感」を払拭し、商品の全体の「透明性」を印象付けるテクニック

 

商品と同等、もしくはそれ以上の情報量を伴うことで、実質的に「商品」の存在も無関係なレベルで、購買意欲をカンストさせる「特典」の構成原則

 

特典の有効性をより「リアリティ」のあるイメージへと結び付ける事が出来る、⾃分⾃⾝の「実 体験」を踏まえた「特典を前提とするベネフィット」のアピールテクニックとその具体事例

 

⾒込み客の「イメージの引き⾦」を刺激して想像⼒を掻き⽴て、そのメリット、ベネフィッ トのイメージを脳内に広げる、キャッチコピー、キャッチフレーズの作り⽅

 

商品を⼿にしないことで⽣じる実質的な「損失」をイメージさせ、「損失回避の意識」を引き出すテクニック

 

損失回避の意識に対して、本来⼿にしたはずの利得(ベネフィット)を同時にイメージさせ、その「振り幅」を購買意欲へ転換するテクニック

 

⾒込み客が既に⾃覚, 認識している「不満」や「悩み」の要因をより深く認識させ、⾃覚, 想定できていないマイナス状況をイメージさせ、商品価値を格段に⾼め上げるテクニッ ク

 

商品の「限定性」「希少性」「独⾃性」のアピールで引き出せる確固たる「付加価値」を購買意欲へと結び付ける演出テクニック

 

⾒込み客が既に認識している悩み, 弊害を掘り下げ、追求することで、多くの⾒込み客が選択しがちな「現状維持」の選択肢を潜在意識から外す訴求テクニック

 

⾔葉とは何か?なぜ、⼈は⾔葉に反応するのか?この観点から⾒込み客を間接的に訴求するセールステクニック

 

今、このタイミングを逃すと、⼆度とこのチャンスは巡って来ない…そんな「今、そのオファ ーを受け⼊れ、申し込まなければならない」という⼼理を引き出し、購買⾏動へと結び付けるテクニック

 

合理性のある「条件付け」と「今、その商品を買わなければならない理由」を結び付け、⾒込み客の購買⾏動を即座に引き出す「緊急性演出」の具体的な方法

 

商品と関係性の薄い客観論を、「本題とはかけ離れた主張」というマイナス印象を与えずに有効な訴求材料にする「セルフセールスの原則」とは?

 

「損失回避性」「希少性」「緊急性」「即効性」「反社会性」「意外性」など、消費者⼼理の 本能を刺激して「反射的な反応」を引き出すテクニック

 

明らかな「格差」を認識できる「不合理な選択肢」を与えてバイアス効果を⽣み出し、その格差を訴求へと転化させるセールステクニック

 

100万円を超えるような⾼額商品でも成約へと持ち込む「⾦銭感覚の⿇痺誘発テクニック

 

ほか多数

 

 

上記はコンテンツの「ほんの一部」です。

 

数が多すぎて全ては書き切れないので, 詳細はあなたの目でお確かめください。

 

無期限・無制限

による永続的なサポート, スキルコーチングの実現

 

講座では「フルオーダーメイドコンサル」を提供します。これは「フルオーダーメイド」の名の通り、あなたの特性, 経験, 性格, etc… などを踏まえてあなたに合ったビジネスの進め方や仕組みのディテールなどをトータルでコンサルします。

 

開催期間は無期限(永久サポート)です。断言しますが、このレベルのサポートやコンサル環境を設けているスクールは他にありません。

 

【コンサル実例】

Iさん(40代・男性・会社員)

 

 

集客ページやステップ配信原稿, さらにはセールスレターなどの構成, 文章添削, サイト構成の添削や各フェーズの個別的なアドバイスなど、あなたの状況に応じたコンサルティングおよびサポートをします。

 

こちらは原則動画での回答サポートを予定していますが、文章回答の方が適切であると判断した場合はテキストでの回答となりますのでご了承ください。いずれにしてもあなたは、この企画に参加するだけで、無期限で「相談し放題」「添削され放題」の権利を得られるということです。

 

初心者でも経験者でも活用可能な

各種テンプレートの提供

 

 

ジネスの実践状況というものは人それぞれです。全くの初心者という人もいれば、既に情報収集くらいは始めている人, ちょっとノウハウを実践し始めた人, 実践中の人…などなど。本講座ではどのような状況でも問題なく、オンライン上に集客と販売の仕組みを築ける道具を用意しています。

 

■情報発信テーマ戦略シート(ターゲット選定やコンセプトメイキングに)

 

■LPシミュレーション(即効性のある集客ページを穴埋め式で作成)

※セールスレター作成にも転用可能

 

■ステップメール要素確認(集客直後から販売終了時までに, 何を語るべきなのかを一挙網羅)

※LINEステップ配信にも転用可能

 

あなたが初心者なら、ゼロから高精度の仕組みを作るために。既に実践中なのであれば、現在の仕組みのブラッシュアップに。それぞれの目的に合わせてお使いください。これらのツールがあることで、いわば「穴埋め式」で順番に仕組みを組み上げることが可能になっています。

 

なぜ,

初心者や経験者問わず

短期間で結果が出る?

 

講座では、「永久コンテンツアップデート」「フルオーダーメイドコンサル」という2つのサービスを軸に、参加者が短期間で成果を出せる環境を実現しています。

 

例えば、メインサービスの1つである「フルオーダーメイドコンサル」(詳細は後述)では、私と直接チャットを繋ぎます(チャットは無料サービスを使います)。もちろんメールでも質問を受け付けていますが、チャットを導入することで実践の経緯を視覚的に管理しやすくなり、各種情報の保存も可能になります。

 

コンサル事例1

ある参加者にご提出いただいたコンテンツについての改善案を、その方だけのためのコメント動画(限定公開)をお送りし、より深い部分でのノウハウ理解と思考の強化にお役立ていただきました。

 

■実際の個別動画(13分29秒)_例1

 

■参加者からのご感想

 

■実際の個別動画(46分05秒)_例2

 

■参加者からのご感想

 

 

■実際の個別動画(30分41秒)_例3

 

■参加者からのご感想

 

コンサル事例2

本講座参加者が集客用に作成したブログヘッダー画像を改善(下記ビフォー, アフター)しました。

 

ビフォー(参加者ご自身で作成)

 

アフター(私の方で作成した改善例をご提案)

 

■参加者からのご感想

 

コンサル事例3

こちらは「例外的な事例」となりますが、下記のような方もいらっしゃいます。こちらの方は、本講座で得た知識を普段のお仕事で活用したことで、会社の新規事業でマーケティング責任者に選任されました。

 

 

コンサル事例4

 

コンサル事例5

添削した文章をそのまま配信して報酬が発生!

 

例えば「コンサル事例1の例2」のように、1人の参加者のための個別動画で40分程度の動画になることは本講座では珍しくありません

 

5年以上にわたり運営して感じた当講座の強みは、上記の例の通り参加者が言語化できていない違和感を私が読み取って言語化, 具体化し、問題解決に繋げられることにあります

 

原則3時間以内

スピード回答宣言

 

なたからのご質問やお問合せに対する迅速回答を実行します。ご質問をいただいてから※原則3時間以内に回答します(※就寝中の深夜帯, 早朝を除きます)。

 

他のスクールやコミュニティではその回答を「3営業日以内」などとするものは多いですが、本当は回答を用意するのにそこまで時間はかかりません。

 

私の場合、質問をいただいてから回答が思いつくまでに5分もかかりません。実際の様子は下記の画像の通りです。手が空いていた場合は事例のようにお問い合わせから20分も経たずに回答をお送りすることができます。

 

ただし、既に何かスケジュールをこなしていた場合はその場での回答ができないため、「3時間」という幅の中で回答という流れにしました。

 

他の一般的なスクールで回答を得るのに72時間かかるのだとすれば、本講座ではその24分の1の時間(69時間の短縮)で済むということです。このスピード回答によりあなたの実践に滞りを生むこと無く進めることができます。

 

■スピード回答の例

 

このように、フルオーダーメイドコンサルではスピード回答を原則としあなたのビジネスを滞りなく, 一切止まること無く進化させます。

 

各種特典のご案内

 

 

こまで内容が、本講座の「メイン」にあたります。ここでさらに、あなたの実践を後押しする特典を用意しました。

 

正直、「特典」としたものの中には、付けたことを後悔しているものもあります(別途販売中の高額企画など)。

 

ですが、時代の変化が早い今、あなたにも時間をかけずに短期間でレベルアップしていただきたいので、普通なら絶対にやらない内容で特典もお送りします。

 

特典

【一般非公開, 当講座独占】

高単価アフィリエイト案件

 

講座参加者には, 当スクールが独占で提供している各種アフィリエイト案件を提供します。こちらではいわゆる「無料オファー(無料キャンペーンの紹介のみで報酬発生)」や有料コンテンの高単価アフィリエイト案件に至るまで、多様なものを用意しています。

 

特に、無料紹介案件なら最も成約させやすいものなので、初心者にも人気の手法です。

 

 

今回の特別報酬を利用して、あなたの仕組みに利益をもたらしていきましょう。

 

特典

今すぐ使える有料画像集

 

ログ, Twitter, YouTube, セールスレター…。オンラインで使用する各メディアに欠かせないのが画像です。どんな画像を使うかで読者(見込み客)の反応は変わります。

 

せっかくなら、イマイチなものよりも、良質なものを使いたくはありませんか?そこで、プロ仕様の厳選画像集をプレゼントします。例えば、あなたが既にブログやSNSでメディアをお持ちなら、すぐに画像をダウンロードしてあなたのブログやTwitterに設定することができます。

 

ブログやSNSでは選ぶ画像(アイキャッチ画像)1つで読者の目を引けるかが決まるので、ここでプロ仕様(有料級)の画像を使えば、無料画像しか使っていない人たちと差をつけてあなたの発信に注目を集めることができるでしょう。

 

この特典のポイントは、私の方でライセンス取得済みの上質な有料画像を、タダでゲットできるということです。無料では手に入らない画像でブログやレターの反応を上げて収益に繋げていきましょう。こちらの画像集ですが、

 

2022年10月時点で

1,200枚以上

の画像をプレゼント可能です。

 

■実際にプレゼントしている画像例

 

 

 

上記のような画像を毎月追加します。現時点で1200枚を超えていますが、定期更新で増量しているので、常に最新の画像を使用してあなたのビジネスにご活用いただけます

 

特典

「悪魔のスクリプト(台本)」

 

高額セミナー販売, 高額スクール販売,

どの業者もひた隠しにする

人を意図した方向へ誘導する流れ

 

「これは表に出していいものなのだろうか・・・」

れを書いている今でも迷っています。スクリプト(script)とは台本を意味します。ある2つの場面でこの台本を使っています。

 

この台本を使って、これまで幾度となく20万、30万円という高額商品を成約させることに成功しています。このスクリプトの旨味を知ってしまうと、コツコツ丁寧に仕組みを作ることがアホらしくなるかもしれません。

 

ただ、これを知らないからと言って、そうした価格帯の商品を売ることができないかといえば、当然そんなことはありません。本講座で得る知識とスキルだけも十分にその成果を出すことができるでしょう。

 

このスクリプトは本来、あなたにとって「知る必要のないこと」です。また、恐いほど人を簡単に誘導できてしまうので、使い方を間違えるとトラブルの元にもなりかねません。

 

それらを踏まえてなお、この深みに手を出したいなら、どうぞこの悪魔のスクリプトを手にしてください。動画コンテンツとテキストコンテンツで解説します。

 

特典

【集客SNSの頂点】

規制が厳しいFacebook(Meta)を

アカウント削除されても

半永久的に使い続ける裏ワザ

 

客メディア(媒体)として最も良いものは何か?オンラインビジネスを本格的に進めていくと、集客手段として時間的かつ経済的に最も効率が良いのは「広告」ということが分かります。

 

広告はそのキャンペーンや企画が見込み客に求められているか否かを短期間でジャッジしてくれます。これにより、結果が良い場合はキャンペーンの方向性を変えずに進めることができ、反対の結果が出た場合はすぐにキャンペーンの改善に乗り出すことができます。

 

「では広告をどのメディアで出せばいいのか?」という話になりますが、これはFacebook(現Meta)広告で結論が出ています

 

理由は単純。他のメディア(検索エンジン, SNS, YouTube)には無い精度で、見込み客を狙い撃ちできるからです。そのため、広告集客はFacebookのみを強化するだけでも売上げの最大化を図ることができます。

 

ただし、Facebookは年々規制が厳しくなっており、例えば新規でアカウントを作ってもすぐに凍結されたり、既にアカウントを持っていた場合でも長期間放置していた場合は凍結対象になるなど、ユーザー側に要求される取り扱いはかなりシビアになっています。

 

そこで、万が一あなたが使っているアカウントが永久停止されても, 安全に何度でもFacebookアカウントを持ち広告展開できる方法をお伝えします

 

この特典で「不死身のFacebook」を作る方法を知り、将来Facebookで広告を出す時に削除されるリスクを回避する能力、さらには万が一削除されてもすぐに復活できる能力を得て、効率的な広告運用ができるようになっていきましょう。

 

特典

デザインのド素人でもプロ級の画像を作れる無料ツール

解説講義&編集テンプレート

 

はデザインが苦手で、そして今でも嫌いです。デザインを考えている暇があるなら、見込み客の心臓にぶっ刺さるコピーを考えた方が売上は上がるからです。

 

しかし、ネット社会が進むにつれデザインも重要性を増し、無視できない存在になりました。

 

ただ専用ツールはどれも難解で、私自身「フォトショップ(Adobe)」や「イラストレーター(Adobe)」などのメジャーな有料ツールに申込んでは即解約をしてきました。今では「Adobe, イラレ, フォトショ」という単語を耳にするだけで気分が悪くなります

 

また、そもそもビジネスはデザインだけできればいい世界ではありません。販売する商品や見込み客の選定、その販売方法などを細かく考えて初めてビジネスの全体像ができ上ります。やることはたくさんあるのです。

 

このように、デザインとは私にとって「どうでもいい」存在なのですが、本格的な広告集客ではもろに影響してくるポイントであることも事実です。また、デザイナーに外注したとしても「良いお値段」を請求されます。

 

そこで、誰でも下記のレベルで画像を作れる無料ツール紹介とその解説セミナーを特典として提供します。

 

 

 

 

上記の画像(集客ページヘッダーを意識)は遊びで適当に作ったものですが、ネット広告でよく見るパターンの画像だと思います。

 

こういったレベルの高い画像を作るコツ, そしてそれを実現するツール(無料)とその解説セミナーをお渡しします。便利なツールを持っていても、その使い方次第ではダサい作品しか作ることができません。

 

なので、ヘッダーや広告ではそれぞれどのようなデザインが良いのかを理解し、実際に活用していきましょう。

 

この特典と前述の画像特典(1200枚以上)があれば、プロレベルの広告画像を30分もかからずに作れるようになります。

 

さらに、ある程度完成された広告画像(バナー)をすぐに使いたい場合は、上記作例のようなバナーテンプレートを編集可能な状態で共有しますので、ゼロから広告画像を作らなくても、あなたの発信内容(キャンペーン)に編集, 調整して広告画像を作成可能です。

 

特典

有料販売予定のサイトテーマ

(大手制作会社提供, 3万円相当)

 

の道10年来の某Web会社が、有料販売を予定していたテーマを、本講座メンバー限定で特別提供します。

 

■ページデモ画像

 

 

有料販売予定のものだったからこそ、無料入手できるサイトテーマでは絶対に出せない領域をすぐにあなたのサイト(集客ページなど)で実現できます。サイトカラーやフォント、サイド入替えなど、サイト運営に必要な設定は下記イメージ画像のように直感的に操作できます。サイトの印象を上げながらも、コンテンツ作成だけに集中できるのです。

 

特典

手抜きの広告…

なのに毎日集客する技術

 

う断言します。全世界の起業家なら120%共感してくれるはずです。ビジネスに広告は欠かせません

 

「店舗を持たないオンラインビジネスにおいて、広告は家賃のようなもの

 

とはアメリカのとあるマーケターが言っていたことですが、初めて聞いたときは「なるほど確かに」膝を打ったものです。もちろん、無料で集客できる方法も世に溢れています。SNSもYouTubeも無料で投稿できますから、そこで影響力が付けば「無料で大量集客」も夢ではありません。

 

しかし、無料で使えるメディアは、何かの拍子にアカウントが削除されて使い物にならなくなる…なんてことはこれまでも各所で起きています。

 

その時に、本来はビジネスの必須スキルである広告で人を集める技術が無ければ、本当に再起不能になります。ただ広告というと、「難しい」「今は動画を作る必要がある」「お金がかかる(リスクがある)」と考える人は少なくありません。

 

確かに、何の戦略も無しに戦えばリスクしかありませんが、「集客できる型」さえ覚えてしまえば本当に真似事で集客できるようになります。

 

私はめんどくさがりなので、広告と言っても動画なんて当然作りませんし、広告画像もシンプル、広告画像に付ける文章も超短文、本体の広告ページもスクロールせずに終わるような短いもので、まぁテキトーです。

 

しかし、利用している広告代理店から下記のような「実績者として紹介させて!」とメッセージが来る程度には結果が出ています。

 

 

あなたには、私が現在も集客に成功している「超手抜き。でもリストが取れるシンプルな集客方法」をお伝えします。

 

特典(危険)

大手決済会社からは「取扱拒否」の

マインドコントロールマニュアル

(100,000円相当)

 

つて、この内容を主題としたセミナーは10万円を超える価格で実施されていました。セミナー時間中に配布された資料(テキスト)は回収され、録音も録画も禁止されていました。内容を一般流布させるにはキツすぎたからです。ですが、最近運良く、その禁止された内容を独自入手できましたので、迷いに迷った上、特典として提供します。

 

この特典では、心理学を完璧に作用させたマインドコントロールの仕組みをあなたにお伝えします。

 

簡単に説明すると、マインドコントロールとは、 通常なら信じられないものを「何らかのトリック」を使って信じさせることです。

 

そして、信じたことが、その人の人格や行動に関わる重要なものならば…。その人は、信じたことを根拠に、日々の行動に反映するようになります。

 

しかも、その人にとっては、誰かに強制されたものではなく、 自ら選択した認識になっているのがこの技術の怖い点です。

 

マインドコントロールでは、前述した 「何らかのトリック」こそが肝なのです。 さらには、「何らかのトリック」を与えるタイミングも大切です。

 

つまり、信じていないものを信じさせる「タイミング」と「仕掛け」こそが、 マインドコントロールの大きな鍵ということです。 そして、この「何らかのトリック」こそ、カルト宗教が使っている手法そのものです。

 

この特典では上記の技術を心理学的に分析し、整理し、使いやすいようにしました。

 

心理学が本気になれば、 マインドコントロールなど可能だと知ってください。心を失った心理学ほど恐ろしいなものはありません。

 

もし、その人の身に起きた出来事の原因を自由に「改ざん」できたなら…

もし、その人の記憶を都合よく「改ざん」できたなら…

もし、その人に不安と罪悪感を与えた上で、あなた自身を「頼りになる人」として刷り込めたなら…

もし、あなたのアドバイスが 真実であるように見えたら…

もし、あなたの存在が絶対的な安心を与えるものであるならば…

 

心理学が道徳を失うと、人間を操作する大抵のことはできるのです。 この方法を知ると、人間はなんと単純で操られやすく、それに気づかないほど愚かであるか…と思うでしょう。

 

特典

単語や文法レベルから人を動かす文章

スキルを体得するライティング企画

(定価398,000円で現在も販売中)

 

典として、当企画とは別で現在も動いているライティング(文章術)企画(定価398,000円)をプレゼントします。

 

さっく特典の解説を…と思ったのですが、このライティング企画のセールスレターだけで4万字を超えているので、要点をできるだけまとめておきます。

 

自身の意図を正しく伝えるためには、そのための技術が必要です。特にビジネス目的で、その先の収益(=顧客側の決済という行動)を狙うならなおさらです。

 

「ためになる話」をして「いいね!」だけもらっても、ビジネスの結果がそれなら意味が無いのです。しかし現実問題、その「いいね!」で終わっている人が多いですよね(特にTwitter界隈)。

 

この企画では、いわゆるライティング(コピーライティングに留まらない、人を動かす言葉の力)を言語レベル(単語や文法など)から再構築し、その上で、「人を動かす」スキル、最終的には「自発的に決断して勝手に動いてくれる」、そんな領域に入れる文章スキルをお伝えしています。

 

【コンテンツ例】

「比較して興味を引く」時に使う言葉

・「問題点を指摘する」時に使う言葉

・「欲求, 欲望に訴える」時に使う言葉

・「注意を引き注目させる」時に使う言葉

・「誘う」時に言葉

・「期待を高める」時に使う言葉

・「具体的な行動を促す」時に使う言葉

・「切迫感を示す」時に使う言葉

・「レベル別にする」時に使う言葉

・「効率性にフォーカスする」時に使う言葉

・「独自性や優位性を強調する」時に使う言葉

・「読み手を特定し呼びかける」時に使う言葉

・文法の「起源」から捉える然るべき「解釈」とは?

・文章の「印象」を左右する文法の関係, 在り方とは?

・在るべき文法を「無意識レベル」で反映させる技術

・文要素の在るべき「配置」と「構成」とは?

全ての文章における「因果関係」を認識させる方法

印象的な文章を構成するための「規範」の設定方法とは?

・「マネして使える広告成功事例(定期追加)

・「マネして使える集客単語集(定期追加)」

・米国コピーライター必携のライティングマニュアル

・ほか多数

この特典企画の特徴として、コピーライティングで武器となる言葉を「単語」レベルで知る、というものがあります。

 

世間的なコピーライティング系の教材は、どうしても理論中心で事例が少ない傾向がありますが、この特典企画では私が使用している武器そのものをお渡しするので、あなたも同様に今日から使用していただけるのです。

 

ちなみに、「単語中心」とはどういうことかといいますと、おおよそ下記のようなイメージです。

単語例:「定石」

 

コピーライティング上の意味合い:

定石の「石」は碁石のこと。「決まった手の打ち方」の意味から派生して「決まったやる方がある」という文脈で使われる。ポイントがわかることを感じさせるが、響は固いので「簡単さを強調する」ものとは異なる。

 

類語:「しきたり」「お決まり」「方程式」

 

例文

└「ヒットを生む広告の定石」

└「デジタルマーケティング5つの定石」

└「英会話を3カ月でマスターする定石」

実際に配布する単語ドキュメントは下記のものになります。下記のようなドキュメントがテーマごとに数十個配布されるとお考えください。

 

■単語ドキュメント例1

 

■単語ドキュメント例2

 

■単語ドキュメント例3

 

このように

 

・テーマとなる単語

・コピーライティング上の意味合い

・類語

・例文

 

といった流れで単語を取り上げつつ、それが持つコピーライティング上の用途(これが重要です)と使用例をお伝えしますので、ご自身で意味を理解しながらすぐに活用できます。

 

この「単語レベルでお伝えしていく」スタイルは私自身初の試みとなりますが、各テーマごとに膨大な量の単語、類語使用例を網羅していますので、武器になるのは間違いありません。

 

■参加者の声

 

 

この企画1つで「言語としてのコピーライティング」を習得できます。正直な話、英語学習よりもよほど収入に直結するでしょう。私たちは日本語の読み書きは既にできる分、「コピーライティング版の日本語」を学ぶにしても即座に意味を理解して活用し始めることができます。

 

コピーライティングといえば、「PASONA(パソナ)の法則」や「AIDA(アイーダ)の法則」などのフォーマットのお話が注目されます。

 

もちろんこれらの「形式や全体の流れを決める」技術は覚えておいて損はありません。これらの文章の構成を決める技術は、生物にとっての骨格と同じです。

 

ただし、骨格だけでは生物は死んでしまいます。というより骨しかないなら機能しません。血肉があって初めて生物として生きることを許されるのです。

 

コピーライティングの世界で言えば、「血肉」は実際の言葉です。これらは通常、これから学習を進める上で「自分の言葉」を見つけることになるのですが、この企画では既に効果の出ている言葉を全てあなたにお渡しします

 

この裏メニューでお伝えする「言葉」はゆうに2000語を超えますが、その分、様々な状況に対応した「相手を行動させるための言葉」(主に購入だと思います)を繰り出すことができるようになります。

 

加えて、下記のような追加講義を順次開催していきます。

 

内容の一部を公開すると・・・

 

  • ○○個の秘密兵器
  • ヒット商品の秘密
  • セールスレターの真のミッション
  • 説得の方程式
  • 市場を支配する方法
  • 負けない領域作り
  • 負けない交渉術
  • 人を動かすストーリー
  • ブレットの秘密
  • 相手の思考から「NO」が消えるオファー

ほか多数

 

このほかにも、例えば下記のような内容をお送りします。

 

「あなたの推奨するものなら何でも買います」そんなコアなファンを育成し、爆発的な利益を生み出すために必要なリスト教育の基本原則とは?
(リスト教育の基本は「共感」を得て「信用」を積み上げ「尊敬」を獲得することです。その心理プロセスを流れるように組める原則を押さえましょう)

 

メールマガジンの特性をフルに生かした段階を踏んだリスト教育によってコアな“あなたマニア”を自在に作り出す具体的な方法とは?
(これこそがまさにダイレクトレスポンスマーケティングの神髄といえる、メールマガジンを利用したリスト教育テクニックです。その洗練されたテクニックの数々をあなたのものにしてください)

 

あなたが「これは詐欺商材です」と豪語しても、吸い寄せられるようにその商材を買わせることさえ可能になる、もはや“洗脳レベル”の圧倒的な販売手法とは。
(このノウハウを自在に活用できる段階となれば、あなたの売上を止める術は、もはやあなた自身が全ての仕組みを抹消する以外にありません。どうぞ稼ぎたいだけの金額を存分に稼ぎ倒してください)

 

人間心理における「コミットメント」と「一貫性の原理」を利用して読者リストを一気にあなたの世界へと引きずり込むテクニックとは?
(メルマガ内の行数で言えばわずか2行。その2行のみで読者リストの心理状況は一気にあなた側へと加速することになります)

 

あなたからのメッセージや提供情報を深く「印象」に残し、気が付いた時にはその世界に引き込んでしまう文章構成の法則とは?
(もしもあなたが何か印象に残っている起業家のメッセージや言葉があるとすれば、それはまさに法則によって作り出されたものなのかもしれません。次はあなたがそのテクニックを利用する番です。影響を与えられる側から与える側になってください)

 

なぜ、本来は対等であるはずの人間関係の中でいつの間にかそこに上下関係に近いものが生まれるのか?その心理法則を利用した教育テクニックとは?
(リーダーシップを取る者とリーダーシップを取られる者、いじめっ子といじめられっ子、その分かれ道には腕力も学歴も無関係なある心理の法則が存在します。裏稼業の人間の多くはまさにこの心理法則を利用していると言っていいかもしれません。それだけに堅気の人間は決してリアルな世界では決して多用してはならないテクニックです。ネットビジネスという世界でのみこっそり使ってください)

 

質の高いメールアドレスリストの収集における6つの収集方法とその方法を実践していく際の最も効率的な順序とは?

 

この戦略だからこそ有効となる、投じたお金がその何倍もの成果を生み出す有料広告を利用した集客戦略とは。
(確実な費用対効果を得られるなら、「無料でできる集客」にこだわる必要は全くありません。お金を投じるでそれ以上の利益が手に入るなら、これ以上楽な話は無いからです。いかに投じた資金をそれ以上の利益に変えていくか。有料広告を利用した集客戦略もしっかりとマスターしましょう)

 

「100%の信頼関係を築くのは不可能」を前提としても、あなたの主張を信じざるを得ない状況にまで読み手の心理を半強制的に誘導する方法とは?
(商品を売り込もうとする者にとって顧客との信頼関係は必要不可欠です。ただネットを介した状態で、一点の曇りも無い100%の信頼関係を築くのは現実的に不可能でしょう。ただその不信感さえも逆手に取り、相手がこちらの主張を信じるしかない心理状況を意図的に作り出せるテクニックがあります。ただ…やろうと思えばどんな詐欺的な商品も売り込めてしまいますので、道徳心だけは捨てないでください)

 

肉厚ステーキとビール。そんな「食欲を掻き立てるフレーズ」を広告へと有効に結び付ける、生理的欲求を刺激する方法とは?

(一見無関係な欲求を掻き立てるキーワードがなぜ、有効に作用するのか。ここではそんな「マジック」のような交渉スキルの「種」が明かされています)

 

「森永」片岡敏郎,「資生堂」土屋耕一,「英会話のジオス」岩崎俊一など、日本のトップコピーライターが作り出した、あの有名なコピーに共通するたった1つの要素とは?(テレビCM、新聞広告で何度も使われたあのキャッチフレーズの意外な共通点。それこそが実はコピーライティングにおける神髄でもあったのです)

 

テレビ, 新聞, 雑誌…これらに利用される広告コピーとインターネットの広告コピーとの明確な違いとは?

 

解りやすい文章と解りにくい文章を分ける3つの構成要素。それを踏まえた解りやすい文章を書くための4つのポイントとは?

 

読み手が興味, 関心を抱く2つの心理構成と、その心理を最も強く刺激できる「棚上げの法則」とは?

 

文章で人を行動させるために必要な「説得力」。その中でも「強靭な説得力」が備わる1つの要素とは?
(決して「口調を強める」というような低レベルな話ではありません)

 

反応と行動を引き起こす脳作用。その原理を意図的に利用する2つの方法とは?

(人間の脳には意識的な行動と反射などの無意識的な行動があります。その脳作用をたった1つの文章で意図的に利用できるテクニックがあるとしたら…)

 

人の心理原則の流れに沿った最も反応を生み出せるメッセージ構成とは?

 

行動心理学の名著書「影響力の武器」によるある心理学実験によっても実証されている、「人が反射的に説得される言葉の法則」とは?

 

人の反応を感覚的に引き出すキーワードを自在に作り出す7つのキーワードコンセプトとは?

(これを知るだけで、まるで辞書を引くように読者の反応を引き出せる言葉を自在に書き出せるようになります)

 

ただ興味や関心を引くだけでは不十分。読み手を広告に「一点集中」させるために付け加えるべきある要素とは?

(読み手を一点集中させる上で、この要素は何を差し置いても必要不可欠)

 

開かれた広告サイトを決して閉じさせずに、読み手を申し込みボタンへと引き込む2つの演出とそれを作り出す7つのポイントとは?

(15の事例と共にその全てを公開しています)

 

文章1つで信用を勝ち取るために必要不可欠な、読み手の共感と信用を作り出す4つのファクターとは?

(それは決して難しい話ではありません。「時と環境が変わっても好かれる人」は例外なく誰もがこの4つのファクターを無意識的にこなしているからです)

 

あらゆる業界のトップセールスマンが意識的、無意識的に行っている、ほんの数分の会話から見込み客の信用を勝ち取る、広告サイトにこそ応用できるその「説得の切り札」とは?

(「初対面の人から信用を勝ち取り、売ること」についてはセールスも広告も全く同じであり、これはそんなトップセールスマンに習うライティングテクニックです)

 

「信用」は「共感」から生まれ「共感」は「理解」から生まれる。この心理プロセスを逆手に取った、あなたの主張を読み手の脳内に擦り込むライティングテクニックとは?

 

年間売上1億円のコピーにあったものと年間売上1000万円のコピーに無かったもの、その結論とは?

(あなたはその結論に驚かれるかもしれません。しかし人の心理にはそんな驚きの共通性があるのです)

 

多くの情報を与えすぎると人の脳は判断に迷う?この理論のある意味での「正しさ」と「間違い」を明確にする1つの法則とは?

 

一方向からの一方的なメッセージではなく、2面性のあるメッセージから合理的に読み手の信用を勝ち取っていく文章構成とは?

(なぜ、多くのセールスコピーがろくな反応も生み出せない「独りよがりな主張」になってしまっているのか。その秘密がここで明らかになります)

 

テレビCMに起用される好感度の高い芸能人。その事例が裏付けている心理作用を利用する方法とは?

 

商品の提供者や開発者の経歴や実績。それらの事実を有効に演出し、その全てを信じ込ませるテクニックとは?

(実績画像やその記録などを見せず、文章1つでその全てを信用させる高等テクニックの全てがここで明かされています)

 

獲得する満足感」と「損失する恐怖感」そんな“人間の幸福感度”を巧妙に利用した、心理誘導の絶対法則とは?

 

興味本位で入った服屋さんでやたらと話しかけてくる店員。そんな“ウザい”売り込み行為を知らず知らずに行っている「成約の取れないコピーの原則」とは?

(とくに情報系のセールスコピーはこの原則にそのまま該当する「ウザいコピー」のオンパレードです。あなたはその過ちを犯さないようにしてください)

 

「りんごは赤い」「地球は大きい」「盗みは悪い」こんな客観的な事実を利用して見込み顧客からYESを引き出すテクニックとは?

(このテクニックを利用された場合、私なら「ラーメンはおいしい」「パンクロックはかっこいい」こんな主張からでも「反応」を引き出されると思います)

 

日本の常識がまるで通用しない国へ運ばれた100人の日本人。その80人が取ったある行動に対し20人は…。この心理作用を利用した行動心理学の応用法とは?

 

進学塾のカリスマ講師に学ぶ、読み手の頭の引き出しに重要なポイントをごく自然に詰め込んでいくような、こちらの主張を思考に刷り込む方法とは?

(物事を教え、覚えさせることに長けた人が無意識的に行っている、まさに「教育の場」から応用を効かせたスキルです)

 

反応の取れないコピーが共通して「守れていない」、読み手の購読心理を大きく左右するワンパーソンの法則とは?

(情報教材のセールスコピーにおいては約半分以上がこの過ちを少なからず犯しています。「成約」を得たいなら、この法則は必ず守らなければなりません)

 

今日生きるのに精一杯な貧困生活者と高層マンションの最上階に住む高額所得者。どちらにも共通した反応を引き出すある潜在的な欲求の刺激方法とは?

(なぜ、“対極な立場にある対象者達”へ同じレベルの影響を与えられるのか。情報商材のコピーなどにはとくに有効なテクニックです)

 

もしもその場で「決断」を引き出せず、広告を閉じられても時間の経過と共に改めて広告を開きたくなる2つの心理を刺激するテクニックとは?

(広告の理想はその場で決断させ、行動させることです。しかし再び読み手を広告に引き付けられる仕掛けで再訪問率は格段に引き上がり、その積み重ねが安定した売上を生みだします)

 

卓越したコピーを書く必要も無く、人並みのコピーで異常なほどの成約を勝ち取る…それを実現するための押さえておくべきたった2つのポイントとは?

 

これまでの教材, 書籍などでは触れる事の出来なかった“タブー”とは?

(仮にあなたがそれなりの実力があるとしても、この原則には、ど肝を抜かれるかと思います。この一節だけでも、その価値は全く持って計り知れません)

 

人が何かの商品に手を取り、それを購入する際の2つの深層心理とは?

 

多くの人が偶然レベルでしか到達できない、成約率を左右する6つの構成パターンとその事例とは?

 

誰しも少なからず捉われてしまっている「コピーの長さ, 文章量」についての、1つの明確な答えとは?

(文章は長い方がいい、短い方がいい、そんな議論はおかしく思える余りにも明確過ぎる答えがここで明かされています)

 

「流し読み」さえも許さない。そんなコピーを書き上げるためのポイントとは?

(流し読みが当たり前とされるコピーをその文頭から釘づけにする方法はありました)

 

その全文を読み終えた頃には気が付くと申込みボタンを押してしまっている、そんな心理状況を意図的に作り出せる文章構成テクニックとは?

 

人間の心理を巧みに翻弄し、自分にとって都合の良い常識を自在に植え付ける文章の作り方とは?

 

人を動かすために超えるべき3つの壁。その壁をまるごと壊せるほどの説得力を全ての文章に備せさせるテクニックとは?

 

本来は明かしたくはないマイナス要素を「誠実さ」に切り替えプラス要素にさえ反転させる、その具体的な文章術とは?

 

申し込み件数を爆発的に増やす事とクレーム率, 返品率を意図的に抑える事を同時に実現させる「意外な方法」とは?

 

その一文で全ての信頼と信用を勝ち取り、誰よりも何よりも自らの「正しさ」を心の奥底にまで植え付ける門外不出のテクニックとは?

 

今決断しないことが「人生の終わり」を意味するという錯覚さえ与えてしまいかねない、とあるスキル

(興味を引き、信用を得ても最後の一歩に人は思い悩みます。しかしその心理を逆手に取れたなら…)

 

申し込みボタンを押さずにはいられなくなる、そんな心理状況を絶妙なタイミングで作り出す方法とは?

 

NOとYESを自在に引き出す、自分にとって都合の良い思考を自在に植え付けるテクニックとは?

 

下手な書き方をしても反応が取れる「購買心理に沿った文章構成」とは?

 

知らず知らずに売り上げを下げている人が陥っている過ちと、わずか数分で改善できるその具体的な改善方法とは?

 

興味を植え付け、信用を築き、興奮を抑えきれなくさせる人間の心理を思いのままに操る文章に隠されている“マジックワード”とは?

(人の「興奮」という心理を追及したテクニックです)

 

ほんの数分の書き直しで成約率が数パーセント向上する、全てのコピーに今すぐにでも追加するべきある3つの要素とは?

(今、あなたが文章で何かのセールスを行っているならすぐにこの4つの要素を追加してください。それだけで成約率は数%単位で向上するはずです)

 

寝ても覚めてもお金を生み出し続ける長期的なロングセールスを記録できるコピーに潜ませておくべきある策略的なポイントとは?

 

締め切り後でも申込み志願者が殺到し続ける、時間が経過するほど夜も眠れなくなるほどその秘密が知りたくなる“後引きの文章テクニック”とは?

(時間軸というものを巧みに利用した多くのビジネスにも応用が可能なライティングテクニックです)

 

上記のコンテンツがあることで、「文章の天才が持つ感覚」さえもロジカルに分解し、あなたの技術として落とし込むことが可能になりました。

 

良い文章というものも、分解すれば「単語の集まり」に過ぎません。使える言い回しも無限にあるわけではなく、最後はどれだけ言葉(単語)のストックがあるかで「奥行(おくゆき)」が決まります。

 

そしてこのライティング企画であなたにお伝えするものは、かつて広告の天才たちが駆使してきた言葉を単語レベル(場合によっては一定の語句)にまで分解し、読み手の感情(不安, 欲望, 好奇心など)をこちらから意図的に引き起こす言葉の数々です。

 

人間は感情の生き物です。 そして感情(本能)に訴えかけられるような言葉を投げかけると、たとえそれが広告, 商業目的の発信とわかっていても抗えずに見入ってしまうのが人間です。 事実、私たちは日々ネットで発信されている広告や発信に反応しているはずです。

 

これらは仕掛ける側が巧妙に用意した単語に操られて、強制的に反応させられているのが実態なのです。このライティング企画でもこの事実を考慮し、メジャーなものからあまり知られていないものまで、人間を操作するための単語をお届けします。

 

提供語数は2000語以上…ブログタイトル, メルマガ件名 SNS投稿, 全てに組み込み可能です。あなたにお伝えするコピーライティングは汎用性が高いです。

 

ブログ記事タイトル, メルマガ件名, SNS投稿, YouTube動画タイトル, 物販(商品説明など) ココナラなどの販売ページ, 商品名, サービス名, 企画名etc…などの各場面でコピーライティングを活用することができます。

 

動画全盛の時代になっても、視聴数の決め手となるのは動画タイトルです。ニュースサイトも画像ではなく見出し(テキスト)が閲覧数を決めています。 これらがもし、何の説明(タイトル)も無い画像だけだったらコンテンツを選びようがないですよね。

 

だからこそ、あなたがこのライティング企画で手にする言葉の知識と活用方法は、あなたがこれから行っていくネットビジネスのあらゆる場面で活用できるということなのです。

 

特典

単なる情報発信者を超えた

唯一無二の存在になるための最上位企画

(定価598,000円で現在も販売中)

 

のコンテンツはそもそも、前項の「コピーライティング企画」同様に、本講座とは独立した別企画として運用していましたが、今回特別に、特典としてお渡しします。

 

この特典企画において、いったい何をあなたにお伝えするかと言いますと、正直書き切れません

 

端的に言えば「すべて」です。

 

「ここまで配布したらいったん完了!」という一般的なスクールや教材のような明確なカリキュラムもありません。一応テーマごとに範囲はあるので1つ1つはまとまったものになっていきますが、それでも膨大になります(例:経済、歴史、心理学、人間学、未来予測、etc…)。

 

とにかく、これまでは都合上省かざるを得なかったものをアウトプットしていきます。

 

また、これらはあくまでも、2022年10月時点での私のインプット総量を見積もりながら話していますが、無論、来年以降も私自身が足を止めることはありませんので、あなたにお伝えする「知(情報とは言わず、あえて“知”としました)」は無尽蔵に増えていくことになるでしょう

 

例えばビジネス分野の話においても、積極的に英語圏(特にアメリカ)の情報を取り入れていきます。

 

もちろん、単に「英語サイトを翻訳しました!」レベルの内容ではなく、実際に英語圏の人間と会って得た知見も提供していきます。

 

上記でおおよそのイメージを持っていただければよいのですが、あえて俗物的な「ノウハウ」といった部分でトピックを上げていくなら、1つのテーマでも「168本」の講義数があるほどです(こちらは構想段階の数字ですが、既に項目として168個ピックアップしているためこの通りになります)。

 

また、このほかに構想しているテーマでも、それぞれが計10時間のまとまりで構成されることになりそうです。

 

現時点で「公開済み&今後追加予定」のコンテンツとしては、下記のようなものがあります。

 

【既存コンテンツ】

・もう誰も「クラブハウス」の話をしなくなった

・成幸者, 幸動, なんたらコーチみたいなもの

・「その先」を考えない人多すぎない?

・「副業」「自由」属性で集めるのを辞めた

・数字の毒

・真善美

・「人間を知る」ことの真意

・正直, 撲滅は不可能なもの

・1リスト100円で1000人集まったとしても…

・メッセージは変化していい理由

・広告を特別視すると失敗する。なぜなら

・安い言葉(これぞ無個性)

・お客の「“やっぱいいです”ポイント」を意識する

・小さな違和感を放置すると発信がブレる

・集客コスト, 本当に安ければ安いほど良い?

・意識の低いお客を排除するには?

・コロナ禍という制限下で生じる格差

・インスタントなもの, 実力が付くもの

・「1回10万円」の号外広告 VS 運用型広告を「10万円分」稼働

・集客を止めるな, そして…無敵の戦略

・ビジネスとは(再解釈)

・現代社会が現代人に課した枷(かせ)

・ネットでもリアルでも縁を切るべき人間

・無料, 格安という言葉にしか反応しない人間を集客で排除するには?

・「無料オファー」を作る時の覚悟

・依存について

・見込み客にかける「鎖」と「地雷」

・仕組みとは(再解釈)

・興味の摩擦

・「ブランディング」の答え

・小回りのきく「集客→販売スキーム(枠組み)」

・リストとの「時差」を受け入れる

・指導者としての質を上げるには

・顧客があなたにする5つの問い

・最強レター(オファー)の4元素

・行間

・「メッセージ力」を高める諸要素

・メールやLINEを送る時に役立つ「ビジ〇思想」

・トロイ戦術

・自身を最高の状態にして常に良い発信ができるようにするには?

・頭の悪い人間を寄せない方法

・常に「次の進化」の余地を頭の隅に入れておく

・とある発信者のクロージングメール(参考)

・他社でも広告効果が出ている冒頭コピー

・集客コピー事例

 

【今後の追加予定】

・支配と服従のメカニズムや要因

・人を支配する根本は何か

・戦争で使われた人の心を変える学習プログラム

・学習プラグラムから, さらに考えに執着させる仕組み

・日本の総理が使った人を魅了する手

・支配者の言葉の使い方

・教育マインドセット

・他人を進化させる方法

・教育の骨組み

・ドグマ教育

フィードバッグ教育

・習慣教育

・恐怖コミットメント

このように、各種様々なテーマを扱っています。しかしいずれも、ビジネスで結果を出すという主目的は変わらず、むしろそれを強化する内容です。抽象度はこれまで開催したものよりも高めかもしれませんが、きちんと、すぐに真似できる事例ベースの話もしていますのでご安心ください。

 

あなたが一過性のビジネスではなく、この先10年, 20年の未来でも言葉でビジネスを作り、どんなに残酷な時代の変化が起きても、いっさい影響されずに結果を出し続けるなら、これほど最適な武器はありません。

 

Mさん(40代, 男性, 会社員)

 

Kさん(30代, 女性, 会社員)

 

Hさん(40代, 男性, 個人事業主)

 

Uさん(50代, 女性, 個人事業主)

 

 

参加者の売上報告

 

こまで本講座のコンテンツをご覧いただきました。何よりも重要なのは、本講座を利用してあなたが望みの結果を手に入れることです。もちろん、私は、あなたがそれを達成する自信があります。

 

ただ、いくら言葉で伝えたところで、実際「参加前」のあなたにどこまで響くのか、これには個人差があるでしょう。

 

そこで、あなたよりも少し先に、本講座に参加し、実際にコンテンツやサービスを利用して結果を出している先輩方の実例を紹介します。少々数が多いですが、参考までにご覧ください。

 

 

こうして放置で稼いでくれるのを見ると
仕組みというものは便利なものだと思います

Tさん(50代・男性・会社員)
放置で売上げ約136万円を達成

 

お久ぶりです。Tです。現在順調に仕組みが動いています。今回は私なりに「これはいける」と思ったアイディアを試しているので、上手くいったらシェアしますね。別件ですが、参加後に私が初めて作った仕組みで、長らく放置していたものがあるのですが、添付画像のような結果になっていました!

 

■Tさんにお送りいただいた画像

 

正直かなり余力を残して作った仕組みだったのであまり手をこんだものではないのですが、こうして放置で稼いでくれるのを見ると改めて仕組みというものは便利なものだと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

参加してすぐに結果が出たのは驚きでした

Kさん(40代・男性・会社員)

開始1ヶ月目で3万5000円稼ぐ仕組みを構築

 

 

 

お世話になっております。 まずは、現在の状況を報告させていただきます。メルぞうに無料レポートを登録し、3千円の広告を試しました。成果は、19,800円(報酬7,500円)のアドセンス教材が2件成約。初日購入者特典で〇〇さんの案件(※メンバーにシェアしている報酬1万円の某案件)をプレゼントしたので、無料オファーが2件成約です。全ては本講座で学んだことになります。

 

まず、完璧を求めず、一気に書き上げ。 動画を見直しながら、

足したり引いたりを繰り返しています。 プロフィールもLPも動画から学んでいます。

 

とにかく、毎日動画を視聴しています。

いままで、こんなに勉強になったことはありません。

 

今のブログに関しては、(以前参加したスクールで)とにかく集客が必要だと言われ、

少しずつ書いていまいた。 しかし、マネタイズ方法は教えてもらえませんでした。

 

「モデリングをして、作るしかないんです」 という抽象的な話をされて終わりでした。

そのため、物販を試したり、アドセンスをためしたりで、今に至ります。

 

先のメールでは書きませんでしたが、

参加してすぐに結果が出たのは驚きでした。

 

欲が出てしまい、アドバイスをお願いした次第です。

次は、テストの結果をご報告したいと思います。 本当にありがとうございます。

日給4万円を達成しました

Gさん(50代・男性・会社員)

開始1ヶ月目で日給4万円稼ぐ仕組みを構築

 

お世話になっています、Gと申します。

まずは、近況報告です。

開始から1ヶ月ほど経ちますが、先日アップした無料レポートで早速現在、

15人分のメアドが手に入った感じです。また、昨日嬉しいことがありました。

 

なんと、4件の成約があったのです。報酬が1件1万円ですから日給4万円を達成しました。※少しずつは売れていたので、報酬が1件7,500円から1万円にアップしました。本当にありがとうございます。

 

10日間くらいで47万円弱の売上を達成しました

Tさん(40代・男性・会社員)

開始3ヶ月目で47万円稼ぐ仕組みを構築

 

 

こんにちは。いつも大変お世話になっております。参加者のTです。カリキュラムで仕組み化の技術を学び、(中略)模倣したところ10日間くらいで47万円弱の売上げを達成することができました!(画像添付します)

 

このまま進んでいければと考えているので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

 

実際の添付画像

講義は勉強になります…とても新鮮です

Mさん(40代・男性・会社員)

初心者から初めて1ヶ月半ほどで月26万円稼ぐ仕組みを構築!

 

こんばんは。Mです。遅くなりましたがSTAGE.5の視聴が終わりました。「エンドレスシステム」のタイトルに恥じない、美しい戦略の説明をしていただきました。そういえば1回目のステップメールで買わないでいると、第2弾のステップメールで少額のオファーが来た事がありました。某有名販売者のメルマガでしたので、仰る戦略を組んでいたものと思われます。あの時は何も考えずに見ていましたが、なるほど…◯◯でリストを活用していたわけですね。

 

ここまで来ると本当にほぼ完全な自動化ですね…メルマガマーケティングの神髄というか、最終形態というか(笑)後はトライ&エラーを繰り返し、テストマーケして微調整が朝飯前に出来る様になれば「いつでもキャッシュが生み出せる」状態になる、と。メルマガマーケティングの自動化の本質が少し理解出来てきました。

 

また、各教育手段を具体例と共に説明してくださりありがとうございます。分かりやすいですし、イメージも湧きやすいです。◯◯ということで合っていますか?その方が濃い教育が出来るメリットもありますかね…。まだまだトライしなければいけませんが、少しずつブレイクスルーに近づいている気がします。いつもありがとうございます。P.S限界突破(特典)の方、まだ消化出来ていませんのでゆっくり消化させていただきます。講義は勉強になります…とても新鮮です

サポート実例

想像以上の効果があったのではと思います

Sさん(40代・女性・会社員)

 

 

はようございます、Sです。 昨日ご助言を頂き、 PDFコンテンツを送信した件、 一晩明けたクリック率は以下のとおりでした。

 

(中略)

 

何れの数値も高く、 想像以上の効果があったのではと思いますありがとうございました。 また、初日にメルマガ登録した読者は 今夜にオファーメールのステップが 流れますので、引き続きウォッチしていきます。

Oさん(50代・男性・自営業)

 

Mさん(50代・男性・会社経営)

 

Yさん(40代・女性・会社員)

 

Hさん(50代・男性・会社員)

 

Hさん(30代・女性・会社員)

 

Oさん(50代・女性・会社員)

 

Yさん(40代・女性・会社員)

 

Uさん(50代・女性)

 

この他にも, 例えば…

参加者のための個別動画は

「よくあること」です

 

 

 

 


 

 

初心者でも取り組むことはできますか?

 

はい。ビジネス初心者、さらにネットやPCの初心者でも問題なく取り組むことができます。インターネット環境があること、PCやスマホで文字が打てる能力があれば不自由なく実践できると思っていただいて差し支えありません。過去には、実際に初心者スタートした方でも、カリキュラムに沿って進めることで、1か月目で結果を出す方もいらっしゃいました。

 

他のビジネスではなく、自動化(リストマーケティング)に取り組むべきでしょうか?

 

規約変更やサービス終了などの外部的影響に左右されたくない、何より一切の作業から解放されたいとお考えなら、迷うことなく取り組むことをお勧めします。

 

現在他のスクールや教材でビジネスを勉強中です。本講座にも興味がありますが、仮に参加するとなると他の取り組みが中途半端にならないか心配です・・・

 

すでに他のコンテンツで学ばれているのは素晴らしいことです。現在学ばれているものが自動化とは「別分野」であるなら、本講座で自動化をマスターしましょう。ビジネスをする以上は「自動化」を避けて通ることはできません。なので、このタイミングでスタートするのがベストです。

 

また、すでに他のスクールで「自動化」を学ばれている場合でも、本講座への参加を推奨します。例えば、「セカンドオピニオン」(より良い決断をするために、専門的な知識を持った第三者の相談役)として本講座を活用することもアリです。

 

また、確かに本講座のメインテーマは自動化ですが、それ以外にもビジネスで役立つ要素(心理学, 行動経済学, 歴史…etc)をお伝えします。

 

いずれにしても、他のスクールや講座には無い「無期限開催」と「永久コンテンツアップデート」があるので、この機会に本講座への参加資格を確保しておくだけでも意味があると考えます。

 

私は少しでも早く稼ぐようになりたいと思っています。最短で、初収益ゲットには、どのくらいかかるものですか?1日2時間の作業時間でしたら、何日ぐらいで仕組みは出来上がりますか?

 

前提条件を「初心者の方で1日2時間程度の作業時間を作れる」とした場合、最短で1か月以内(当方の実体験と他の方の実績からすると実質2~3週間程度)を見ていただければと思います。また、参加者の仕組み構築による初収益までのペースにつきまして、直近の例では

 

・最短で1〜2週間ほどで仕組みによる初収益を得られた方

・開始1〜2カ月目で不完全な仕組みながらもその中で顧客を獲得し30万円売り上げた方

 

などなど、当方の予想よりもはるかに早いペースで結果を出される方が多い印象です。また、仕組み自体もテンプレートを用意していますので、実践の時間短縮も可能です。

 

サポートの件ですが、たくさんの受講生をどうやってずっとサポートをしていただけるのか疑問です。

 

こちらは参加者と個別に繋ぐチャット及び個別の専用ドキュメントを使用し、それぞれの進捗や今後の方向性を管理することで、多様な参加者をサポートすることが実現しています。

 

参加者の質問タイミングは「ばらける」傾向にあるため、滞りなくサポートのための回答時間を確保することができています。

 

もちろん、無制限に受け入れることは現実的ではないので、予告なく募集停止します。

 

 

本講座の進化は止まりません…。

予告です。

あなたにお送りするコンテンツに終わりはありません。この手紙の最後に, 今後の提供予定コンテンツを一部紹介します。

 

  • セールス冒頭で見込み客の視界を奪い精神を掌握するキャッチコピーが機械的に作成できる5ステップとは?
  • 悪用厳禁】説得せずに読者が自動的にあなたの意見を受け入れる催眠技法
  • 買わない理由トップ3」を排除して購入へのハードルを一気に下げる方法
  • 良いコンテンツを提供しなくても簡単に「企業秘密」を守りながら読者との信頼関係を作る方法とは?
  • 成約率を高める90個+αの技法
  • キャッチコピー作成でよくある4つの間違い
  • 全人類共通】思わず注意を引かれる永遠の欲求とその欲を刺激する2つのキラーフレーズとは?
  • 「占いが持つ心理作用」をセールスに取り入れた「大予言」テクニックとは?
  • 人間が耐えられない恐怖と不安の7つのリスト
  • 週刊誌に学ぶ, 思わず人が反応する3つの情報とは?
  • 「後悔の恐怖」を刺激して購入に至らせる鉄板文章のテンプレート(あなたの良心と共にご活用ください
  • 「断れないオファー」を作るための2つのポイントとは?
  • たとえ一般常識でもなぜか価値を感じさせる秘密のトリック
  • 読者があなたのオファーに抵抗できなくなる〇〇テクニックとは?
  • 「どこまで無料公開すべき?」という悩みを一瞬で解消し「素晴らしいコンテンツをもらった!」と読者に感じさせる心理トリック
  • 「衝動買い」を意図的に引き起こす4ステップとは?
  • 「人を動かす」著者のデールカーネギーに学ぶ57のマインドセット(90万円相当)
  • 「思考は実現する」著者のナポレオンヒルに学ぶ46個の成功哲学(150万円相当)
  • 「コンテンツを見せるのではなく〇〇を~る」ことを意識しないとこれからの情報発信では稼げない理由とは?
  • 【意外と知られていない】新しく特典を作らずに購買意欲をかき立てる特典を量産する考え方とは?
  • セールスの成功率を上げるなら見込み客に必ずアピールしたい、あなたも私も誰でも持っている〇〇とは?
  • 集客直後の無料コンテンツを「会員サイト」形式で配布すると教育に失敗して売れなくなる理由とは?
  • 見込み客が自分から進んで読者登録をしてくれるようになる集客用のページの2種類の仕掛けとは?
  • 人間の行動心理を利用して最初の文章を読ませ, そして最後まで本文に引き込むための「10個の型」とは?
  • 文章の至る所に散りばめることで釣り針や磁石のように読者を引きつけて離さず, 読者がページを読み続ける心理誘導以外の仕掛けとは?
  • 【恐怖と欲望の2つだけではない!】ほとんどの人が知らない行動の引き金となる「37の感情」とは?

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご参加の流れ】

ステップ1

オレンジ色のボタンを押してください(後述)

 

ステップ2

必要事項を入力して決済ボタンを押してください

 

ステップ3

ご決済時のアドレスに会員サイトURLとログインパスを

お送りするので下記のメールを受信してください

 

 

ステップ4

会員サイトにログインして※講義をご覧ください

※サイトトップの「はじめにご覧ください」からオリエンテーションをご覧いただけます

 

 

上記の4ステップで本講座ご参加が完了します。

学費について

 

講座には学費があります。これを受けて、怒り心頭でページを閉じて、メルマガを登録解除する人もいるでしょう(そんなに提案されるのが嫌なら、もう「ビジネスで稼ぎたい」なんて思わないでほしいものですが)。

 

さて、本講座に入るための費用を便宜上「学費」としましたが、この本質はよくある「教材費」でも「企画の参加費」とも異なると私は考えます。

 

よくわかりませんか?

たとえば、本講座の持つ「機能」の話で言えば…

 

今回の学費をあなたの未来に投資することで、永年無期限のサポートコンサルと無尽蔵かつ追加され続ける学習コンテンツがあなたの「お供」となります

 

【サポート・コンサル実例】

 

 

 

 

 

 

私は2011年からこの業界にいますが、本講座のような環境は間違いなく、他所では実施していません。だからこそ、誰でも(どんな初心者でも)実力を付けて結果を出しているのです(例えば、上記で紹介している「Zoomクロージング」の方は参加当初、PC1台すら持っていないほどド素人でした)。

 

本講座の学費については正直、色んな方向性から観察していただきたいです。単に、「費用(コスト)」という認識で変なネガティブイメージを持ってほしくないのです。

 

一生のお付き合いとなる環境への、最初で最後の入会費とみてもいいです。

 

私という軍師(戦略コンサルタント)への、最初で最後の人件費とみてもいいです。

 

その上で、これからお伝えする学費は破格なのか否か。

 

いずれにしても、今回の参加のみで、ビジネスの環境も戦略アドバイスも生涯使い放題であり、追加費用は一切無いことを考えると、我ながら、本当に「やり過ぎ」な企画です。だからこそ一般公開も追加募集もできないのです。

 

再度、念のためにお伝えしますが、本講座であなたにお伝えするものは、

 

よくある一過性の短期的な

お金儲けではありません

 

金を生み出す仕組みを獲得するのです。あなたにとって、これはどれくらいの価値があるでしょうか?

 

本講座のコンテンツ、サービス内容を見てもらえればわかると思いますが、コンテンツ量, アップデート権利, 無期限のサポート制度, 各種参加プラン…などなど、これらは全て、参加者のあなたが有利になるように設計されています。

 

常識的に考えれば、こうした講座やスクールには半年, 1年などの「受講期間」があり、続けたければ年額ないし月額で「更新費用」を払うものです

 

 

 

本講座では上記のような受講期間の制限, 毎年の更新料などは一切ありません。他社に置き換えて、本講座の内容を説明するなら…

 

受験に合格するまでサポート,

かつ, 替え玉受験もOK

 

言っているようなものです。常識ならまずありえない話ですが、事実、本講座の各サービス内容を言い換えると、そのあり得ないことをやってのけています

 

普通の企業なら、いずれ倒産するレベルの事をしています。

 

でも、私はこの講座で利益を得ているわけではないので、実現できています。ただし、内容が内容なので、真剣ではない方に来られても、正直迷惑なのも事実です。そのため、学費はある種の「フィルター」として機能させています。

 

正直、「至れり尽くせり」といっても過言ではない内容なので、私の気が変わって明日このページを削除しても誰にも文句を言わせません。

 

サポート期間が数ヶ月で終わるような他のスクールや教材と一緒にしないでください。なので事実を言うと、参加者が増えれば増えるほど私の負荷は増します。そのため、遅かれ早かれ募集を切り上げるのは既定路線です。

 

■追記:最近届いた参加様の声(2019年にメンバーになられたHさん)

 

■追記:最近いただいた参加様の声(最近メンバーになられたMさん)

※上記メールをいただいた後、本講座へご参加いただきました!

 

この講座の学費は、通常なら「1,500,000円」です。それでも以前の募集では、すぐに満員となりました。本講座の内容や、世間一般の専門学校の費用を考えれば、「相場通り」ではないでしょうか?

 

それでも、昨今の社会情勢を考慮すれば、「1,500,000円」という学費をポンと出せる人はそう多くないかもしれません。それでも、今、時代は大きな転換期を迎え、多くの人が自分自身を変えるチャンスを望んでいると感じます。

 

こうした背景を踏まえ、この講座への投資額は、通常価格150万円から割引した

 

1,200,000円(税込)

 

でもなく。

 

1,000,000円(税込)

 

でもなく。

 

800,000円(税込)

 

でもなく。通常価格150万円から大幅に割引します(後述)これだけの投資で、私が収入を自動化したノウハウを全て習得し、 永久のコンサルを受けることができ、特別特典もセットで手に入ります。もちろん、ここまで下げても、脱落する人はいることでしょう。しかし、だからこそ、

 

あなたが参加を決断されるなら,

不参加を選んだ人が一生後悔する

「利益」を得ていただきます

 

れほどの「威力」が、本講座にはあるのです。このことを私1人で言うだけなら説得力ゼロですが、既に紹介したように、参加後にきちんと実践した人は素人でも結果を出せていますし、今も定期的に売上報告があちこちから届いています。あなたも彼らに続くなら、彼らと同等、取り組み次第ではそれ以上の結果を得られるでしょう。

 

それでも、今回の学費は急な投資資金かもしれません。もしかするとあなたは…

 

最近お子さんが生まれた方かもしれません。

 

プロポーズのために給料の3ヶ月分を使った後かもしれません。

 

住宅を購入したばかりかもしれません。

 

大切な人への贈り物を買ったばかりかもしれません。

 

子どもの教育費を払ったばかりかもしれません。

 

引っ越し費用を払ったばかりかもしれません。

 

別の教材や塾に参加したばかりかもしれません。

 

そうした状態で本講座への学費…正直、無茶な話かもしれません。

 

だからこそ、最後に、

 

私も無茶をすると決断しました

 

れによって、タイミングや運、縁を引き寄せてほしいと思います。それでも今回のチャンスを掴めないのだとしたら、それこそ「今回のことはあまりにも縁がなかった」と清々しい気持ちで諦めるしかありません。

 

詳細な学費は後述しますが、事実、先に挙げたライフイベントを迎えていた場合でも、なんとか、作れるものであり、かつ、講座としてのクオリティを確保する最終防衛ラインに設定しました。

 

もし、後述する本講座の学費が「高すぎる」と思われるなら、無理に参加することはありません。そうなるともはや「必要ない」と言えますし、もっと安価な方法を探すか、これまで通りの方法で頑張っていただければと思います。

 

ただ、あなたが今回、本講座に進まれるなら、「PC1台」で収入を自動化するための、手法, 手順, スキル, 知識, ツール, 環境を全てあなたに伝授するとお約束します。

 

事実, PCとスマホを修復不可能なほど粉々に破壊しても希望額が口座入金され続けるあなた専用仕組みを受け取る準備はよろしいですか?

 

「ネットで稼ぐならブログ!SNS!動画!」

などとエセ指導者が垂れ流す不正解

洗脳されブラック企業顔負けの長時間労働この瞬間も自らの寿命を消費する人々が

 

嘘だ!ずるい!ありえない!

 

の涙を流し発狂する, ブログもYouTubeも使わず顔も本名も全て非公開のまま収入を

自動化できるもはや反則技に等しい

 

「仕組みの設計図」

「結果を出す環境」

「一般非公開特典」

 

上記すべて, お渡しします。

 

あなたがこれからすることは, カウントダウン終了までに本講座への参加を決断することです。反対に、期間内に決断しない(手紙を読まない, 読んでも参加しない)場合は,残念ですが, 期間後に当ページは閉鎖され, 追加コンテンツも一切無くなります。

 

なお, 既に一定数の参加者がいるため, 情報の秘匿性やサポートコンサルの質を維持するためにも, 不参加の方への再公開は行いませんのでご了承ください。そのため, ページが公開されている今のタイミングでのご判断をお勧めしています。

学費発表

 

上記に加え, 本文執筆以降

追加決定した特典も…

・8000回のテストで効果実証済み:売れる件名20選

・【参加費300万円】伝説のセミナーで伝授された

 マーケティング, 心理誘導, セールスのすべて

・人を動かす「感情トリガー」

・秒で人を行動させてしまう単語550選

・初動で確実に10万円を狙い撃ちするマニュアル

 

・「今日は絶対に即決しない!」と心に決めていた

 お客に対し, 100万円超のサービスをたった1時間の

 商談で即決させる月間3000万プレーヤー直伝の

 心理誘導ノウハウとは?

 

・最速でビジネスを育てつつ「資産没収」や「預金封鎖」からお金を合法的に守る方法(詳細は参加後にお伝えしますが, 今が導入の最後のチャンスです。ルール変更で実践できなくなる前に, 方法を入手してください)

 

・参考情報発信者データ(計300件以上随時更新)

 

・ブログ記事データ(計600件以上)

 

 

・メルマガ記事データ(600件以上)

 

 

・マネして使える広告成功事例(定期追加)

コピーライティングは本来、「広告(チラシ)」で磨かれてきた技術です。そのため、コピーライティングの本で学ぶよりも、文章が上手なブロガーの記事を読むよりも、実際に流れている広告を見ることが最もコピーライティングのスキルを上げることに役立ちます。

 

ただし、世に出ている広告のすべてが良いものというわけでもなく、プロの目で見て「練られている」ものを厳選する必要があります。この特典では私が日々情報収集をする中で厳選した「マネしても効果か出る」と断言できる広告事例集を共有します

 

また、こちらの広告事例は定期的に追加していくので、常に最新の成功広告事例をストックしながらあなたの集客にお役立ていただけます。

 

※成功広告事例集イメージ

 

・マネして使える集客単語集(定期追加)

前述の「マネして使える広告成功事例」の関連特典となりますが、現在進行形で多種多様な企業から出ている広告を独自分析し、効果のある表現や単語を私の方でピックアップした資料をお渡しします。

 

こちらは※スプレッドシート(エクセル)にまとめてありますので、例えば「期間限定感を打ち出したい」「初心者でもできることをイメージさせたい」「ノウハウが充実していることをアピールしたい」といった集客で重要となる各テーマの言葉を簡単に抜き出してSNSや集客ページですぐに使うことができます。

 

※集客単語スプレッドシートイメージ

 

 

・【〇〇過ぎて封印】メルマガ登録直後に“濃いリスト”を選別しメルマガ購読率を100%にするリアルタイムLINE原稿

ネットビジネスの世界では相変わらず「LINE信仰」が根強いですが、こうした人たちが信じているのは「公式LINE(旧LINE@)」を使ってメルマガよりも高い購読率を確保する、といったものです。

 

ですが、最近ではこの公式LINE使用者も増えているので、かつて言われていたようなメルマガに対する優位性はむしろ減っているのです。そもそも近年の公式LINEは「業者感」が強くなり、個人的な結び付きを作って関係性を築くことが難しくなっています。

 

そこで、公式LINEを使わず、個人LINEで関係性を作りセールスの成功率をほぼ100%にするメソッドを公開します。個人LINEを使うと言っても誰彼構わずLINEを教えるわけではありませんのでご安心ください。

 

この特典のタイトル通り「濃いリスト(読者)」を最初から狙い撃ちして関係を築いていくノウハウです。

 

これは私が独自開発したもので、あまりにも効果が出過ぎたので(=売上げが立ち過ぎたので)あえて封印したものです(売上げが出過ぎると税金が大変ですからね…)それほど威力があるこのLINEの新しいノウハウをあなたに公開します。

※リアルタイムLINE原稿イメージ

 

└ほか多数

 

※上記特典は順次配布

まだ終わりません

シークレット特典

THE Library

(総額1000万overの知)

 

れは私的な資料の共有です。Library(ライブラリー)では、私が実費でこれまで入手したコンテンツ(下記参照)をあなたに定期的に共有します。総額は怖くて数えていませんが、少なくとも1000万は超えています(価格100万円のものが10本以上はあるので…)。

 

■創太が学んだスクール例1

 

■創太が学んだスクール例2

 

■創太が学んだスクール例3

 

上記のほとんどは「クローズドコミュニティ内での限定募集」であったり、既に販売終了していたり、価格が100万円を超えていたりと、普通のルートではもはや入手困難に等しいものばかりなので、今後の実践でお役立ていただくとともに、ビジネス, 成功哲学, 心理学などの参考資料として活用いただければ幸いです。

 

「高い」と思うなら, もちろん

無理に参加する必要はありません

 

論、本講座の学費を「900円」にでもしておけば、学生バイトでも参加できると思います。ですが、ハードルを下げるほど、参加する側の意識や質の面も下がることが、この10年以上の経験の中で痛感しています。言ってしまえば、誰でも参加できる学費にすることで、本気で取り組む覚悟の無い人まで来てしまうのです。

 

あなたも会社や学校で後輩を指導するなら、やる気のない人に教えたくはないのではないでしょうか?

 

実際、「無料」ないし「安売り」をすると、本人が口で何と言おうとロクに実践もしない, コンテンツも見ない、などという状態になりがちです。事実、以前は、こうした人にまで、自分の命を削って作った何十時間ものコンテンツを渡していましたが、実践もしないのに文句は言ってくるような人もいたりして、さすがに嫌気が差しました。

 

また、サポートも永年で行うので、意識の高い人を集めるにしても、人数が増え続けるのはどう考えても現実的はありません。そのため、今回はまだ大丈夫にしても、新規募集の打ち切りは既定路線です。

 

なので、「オンラインビジネスの世界で本気で大きな結果を出したい」という意識があり、本講座の内容に納得いただいた方で、かつ、一般的なスクールや教育系サービス(専門学校, 予備校, コンサル)の価格イメージを持った方が乗り越えられるギリギリの最終ラインとして、下げに下げた限界値が「330,000円」であり、さらにそこから大幅割引した「4万9,800円」という学費でした。

 

このことは、ご理解いただきたいです。

 

以上を踏まえて、本講座へのハードルが「高すぎる」「ありえない」「ぼったくり」「怪しい」「スキルアップや学びのためにお金は一切使いたくない」などと思うなら、無理に参加することはありません。というより参加しない方が良いです。

 

私としても、この企画はこちらから「参加してください!」と懇願するものではなく、希望する方にビジネスの戦略を伝授する場だと考えています。

 

なので、少しでも「参加費が高い」「信用できない」などと思うなら、メールも配信解除して、他の安い商品でも探していただければと思います。

 

ただ、この際言っておくと、他のスクールでは「半年間」や「1年間」などで期間縛りがある中、そうした制限も無く無限に知識(コンテンツ)提供とサポートを受けられる当講座こそ私は「安い」と思っています。

 

ただし、本講座のご案内に「次回」は無いことだけはご了承ください。メールでお伝えする公開期限の到来をもって、ご案内は終了、このページも削除します

 

【追伸】

現世で商売を興して稼ぐために

必要なものは, 全てここに

後は存分に使い倒してください。

 

■2022年10月5日(水)

 

「参加者が結果を出すことを優先する」

 

本講座の目的はこれだけです。

 

本講座では、他のスクールや塾のように、「第〇期(=継続するなら更新料必須)」といった開催期間の制限はありません。「既定のコンテンツを配布したらサービス終了」というものもありません。「サポート希望の場合は別料金」ということもありません。

 

先述したように、

 

無期限開催(1回の参加費のみで更新費など一切なし)

・完全新規コンテンツ定期追加(永年無償アップデート)

永年サポートコンサル(追加費用ゼロ)

・特典多数(高単価案件, 画像特典, 販売中の別企画など)

・追加特典多数

・シークレット特典(総額1000万overの資料共有)

 

上記の内容を、今回の参加のみで受け取ることができます。特典の中には、別ルートで販売している2つの企画もあり、これにより、私が販売しているすべての有料企画が今回で全て手に入ります。本講座の定価が150万円, 特典で付けた2つの企画は合算で99万6000円なので、3つの有料企画だけでも2,496,000円です。

 

それらを今回、他の有料級特典や前項で追記した「シークレット特典」を含めて、今回お伝えした学費のみで入手可能です。後にも先にも、こんなことをするのは二度と無いでしょう。私のビジネス的には売上を減らしてまで行っているオファーなので。

 

いずれにしても、単なる流行りのビジネスではなく、人間の心理に根源を置いた、一生涯掛けて学び, 深め, 極め続ける価値のある内容を全て網羅したつもりです。

 

なので、活用次第では、普段の仕事でも人間関係でも問題なく使えます。本講座であなたがマスターするものは、抽象化すると「人の動かし方(操作の仕方)」そのものです。

 

ただ、勘違いしてほしくないのは、「最初から何もしなくても、思考停止で楽に結果を出せる」 わけではない点です。

 

極論ですが、「最初から何もせず、ボタン1つで1億円稼ぎたい」という意識でビジネスに取り組む限り、結果を出すのは無理です。稼ぐどころか、詐欺師の餌食になって終わりでしょう。

 

反対に、真剣に取り組むと決意するなら、 その決意を、「あなた⾃⾝が驚くほどの結果」に繋げるのは可能です。 本講座では、実際にそのためのスキルとノウハウを、⽂字通り「⼿取り⾜取り」のレベルで叩き込むからです

 

「成功したい。でも、その道筋が⾒えず、希望を⾒出せない…」

 

この⼿紙で、私があなたに提案しているものは、「道筋そのもの」です。

 

さらに、その先の理想的な「希望」や「展望」を⾒出せる「実⼒」を、あなたが獲得するための「最短ルート」に他なりません。

 

私にチャンスをいただけるなら、私は持てる⼒の全てをもって、できることを全⼒でお届けします。もし、あなたの⼼に響くもの、あなたの未来に響く可能性を少しでも感じられたなら、 このままお進みください。疑問点やご相談事項があれば、右側に表示されている緑色のボタンを押してお問合せください。

 

本講座であなたにお会いできる事を楽しみにしています。

 

【本講座フルパッケージ】

ご一括決済:9万9,900円(税込)

はい!最安値で参加します!
このボタンを押してお申込みを完了させてください

(デビットカードOK)

 

2分割決済:5万450円(税込)の2回払い

※分割決済手数料を加えています

はい!2分割で参加します!
このボタンを押してお申込みを完了させてください

(デビットカードOK)

 

3分割決済:3万4,300円(税込)の3回払い

※分割決済手数料を加えています

はい!3分割で参加します!
このボタンを押してお申込みを完了させてください

(デビットカードOK)

 

【上記以外の分割回数をご希望の場合】

①ご利用のカード会社様にご連絡いただき,

「分割決済が可能か」をご確認ください

②上記決済ボタンよりご決済いただき,

カード会社様にご連絡の上, 回数設定をしてください

 

【銀行振込をご希望の場合】

当ページ右側の緑色のお問合せボタンより,

銀行振込でお申込みの旨をお知らせください

 

 

Copyright (C) ネット販売の自動化を学ぶオンラインスクール All Rights Reserved.